スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもペーパーマン

公式サイト
http://www.paperman.jp/


2009121_16451.png


画像はうちの娘さん。
日頃がんばっているご褒美として新たに服を買い与えてみた。

風穴開けられまくりの紙人生に嫌気がさしてきたので、能力向上を目的とした装備選択を試してみる。
私が使用しているミリィというキャラは、身体の小ささとそれにともなう当たり判定の小ささが強みなので、それを活かすべく素早さを上げる組み合わせを模索していく。

このゲームは服や髪型にそれぞれパラメーターが設定されており、これらの合計が一定の値を超えるとスキルが発動した状態となって、移動速度やリロード時間の高速化、防御力やHPの上昇、射撃時の反動の軽減などといった効果が得られるようになる。
パラメーターにはマイナスもあり、その合計が一定値を下回ってもやはりスキルが発動し、キャラクターの能力が下がってしまうので注意が必要だ。

さてこのスキルの影響が存外に大きく、あるとないとでは生存率も打倒率も結構変わってくる。
クリスマスイベント時に期間限定で発売されていたサンタ衣装は特に効果が高く、頭を含めた全身をサンタ衣装に包んだミリィは当たり判定の小ささと動きの早さから驚異的な戦闘力を発揮し、MP40との組み合わせはもはや恨みまで買いかねないほどの凶悪さであった。
実際、そのちょこまかと動き回るすばしっこさを黒い悪魔になぞらえて、「サンタゴキィ」などと揶揄されることもあったようだ。
このように組み合わせ次第ではキャラの強さを一段も二段も上げる服装の選択は、何気に重要な問題なのである。

そういやMP40とミリィの組み合わせについてだが、このどちらともが弱体化されることになったようだ。
MP40のほうは先立って昨日のメンテで弱体化がなされた。
MP40はサブマシンガンであるにもかかわらず、連射力はそのままにアサルトライフルを超える攻撃力を持つという非常に優れた武器だったが、強すぎるということでプレイヤーから弱体化の要望が多く寄せられていたとのこと。
具体的な修正内容としては、中距離以上での集弾性が目に見えて悪くなったそうだ。
近距離においての使い勝手のよさは相変わらずとのこと。
ほかの武器を使っているプレイヤーへの救済となりつつ既に持っているプレイヤーを泣かせることもない、順当な修正と言っていいだろう。

ミリィも当たり判定が小さすぎるとのことで、後日修正される運びとなりそうである。
私は見た目が好きで使っているので、防御力が下がろうが当たり判定が大きくなろうが大して問題はない。
最後に勝利をもたらすものは武器の強さでも服装の組み合わせでもなく、キャラクターへの愛情である。

装備選択の話に戻る。
服装としては画像のような感じに仕上がっている。
移動速度と射撃時の反動抑制にプラス補正のかかっている状態である。
さっそく試してみたが、やはり強い。
killよりdeadが多いというのが私の常だったのだが、それが見事に逆転してしまった。
FPSにおいては移動速度が強さに直結するほど重要な要素だということがよくわかる結果と言えよう。

あとパラメーターにはまったく影響ないけど表情も変えてみた。
前のエントリで貼った画像と見比べれば、心持ち目つきが鋭くなっていることがおわかりいただけると思う。

表情は初期のものを含めると全部で八種類あり、今後も増えていくものと予想される。
キャラの見た目を変えるアイテムのなかでは比較的安価に手に入るということもあり、前述の通り強さには影響しないながらも購入してキャラを着飾らせているプレイヤーは多い。
そんなわけで私も買ってみたのである。
目をすがめた少女に罵倒されるというシチュエーションに夢抱く人は少なくないと聞く。
せめてゲームのなかでくらい夢見たっていいよね。


ペーパーマン スターターキット
スポンサーサイト

テーマ : ペーパーマン
ジャンル : オンラインゲーム

スーパーロボット大戦K

スパロボ新作の参戦作品が公表されたようだ。ファミ通の最新号に載っているとのこと。

私にとって見るべきは、参戦作品のなかにガンソードがあったことだ。
谷口アニメのなかでもコードギアスとプラネテスはあまり好きになれずに途中で見るのをやめてしまった私だが、ガンソードは不思議と性に合って、好きなアニメ作品のひとつになっている。

このアニメのどこがよかったのかと思い返して考えてみるに、「一本筋が通っていたこと」ではないかと思い至った。
ガンソードは公式から「痛快娯楽復讐劇」とカテゴライズされて宣伝されており、実際、ひたすらに視聴者が気持ちよくなれるように作られたアニメだった。
視聴者がストレスを感じるような展開がシナリオ上にあったとしても、それがのちの快感、いわゆるカタルシスってやつに必ず結びついている。
理不尽すぎるということはなく、ご都合主義に徹するという感じでもない。
そのあたりのバランスの絶妙さが、このアニメを面白いと感じさせる大きな要因だったのではないかと思う。

もっと簡潔に言うと、主人公に目的があり、その目的のために主人公が動いていくわけだが、最後の最後までそれが曲がらない。
あくまでまっすぐ、傍から見たらバカに思えるくらいに一本気だ。
そこがこのアニメのいいところだと思う。
2クールで全26話あるのだが、その間主人公が道に迷うことはあっても、目的地を見失うことはただの一度もなかった。
最終決戦の最中にあってさえも、雰囲気なんざ知ったこっちゃねえと言わんばかりの発言の数々。自分の欲望のみで動いてるんだということが、嫌というほどよくわかる。

けれどもこれが格好良いんだよね。
それも最高に。
だから私はこのアニメが好きなのだ。

バカに見えるほど一本気な男を描かせたら、谷口悟朗に勝る監督というのもなかなかいないだろうと思う。
そんなわけで今度のスパロボ新作もちょっと楽しみになっている私ですが、スパロボのなにが好きかって、凝りに凝った戦闘シーンのアニメーションなんだと最近気がついてしまったので、新品で買ってまでやるかどうかはまだわからない。
というのも、私はスパロボシリーズに手を出したことは一度や二度じゃないのだが、クリアしたことは一度もないのだ。
戦闘シーンのアニメーションをあらかた見てしまったら、それで満足してしまって続きを遊ぶ気力がなくなってしまうのである。
なので中古で安くなった頃に買うとか、そんな感じでもいいかなと思っている。
まだいつ発売になるのかさえ定かではないけれど…

あと本編とはあまり関係ないけど絶対に書いておきたいことがひとつ。
女性キャラが結構魅力的なんですこのアニメ。
ヒロイン格のウェンディは、最初見たときはそうでもないと思ってたけど、改めて見ると結構かわいい。
とりあえず第一話で処女だと告白してしまうヒロインってのは、アニメ多しといえどもこの子くらいじゃないだろうか。
まあ第一話で童貞宣言する主人公もそうはいないだろうけど…


ガン×ソード VOL.2 [DVD]

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

懲りずにペーパーマン

公式サイト
http://www.paperman.jp/


200918_192739.png


画像はうちの娘さん。
ミニスカサンタがこんなにいいものだとは知らなかった。
ヘアスタイルはこれ以外だと黒髪ロングがよさそうだったのだが、そっちは装備している人を割とよく見かけるのでピンクショートにしてみた。
ミリィのイメージじゃないけどかわいいのでよしとする。
ミリィは装備が少ないと聞いていたけど、少ないながらもよさげなものがあってよかった。
しかも昨日のメンテ明けに三種類ほど追加され、そのなかにもいい感じの装備があったので、PGを貯めていつか買ってみたいと妄想している。
装備品は武器も含めて基本的に高めの値段設定なので、購入するにはそれなりに苦労をする必要があるのだ。

このミリィ、どこかで聞いた声だと思ったらアイマスの美希の人なんだそうだ。
やたら甘ったるいロリボイスで「男の子にだって負けないわよっ」などと仰られる。
最初は邪魔かもしれないなどと思っていたが、ネトゲのキャラに声があるってのも慣れれば案外悪くない。
ただ、セリフに関してひとつ疑問がある。
女性キャラがジャンプするときに「いっちゃ!」という掛け声を上げるのだが、これの意味がよくわからない。
男性キャラは「ハッ!」という感じで普通なのだ。
どうして女性キャラだけが意味不明な掛け声なのか。
最初はティナ特有のものだと思っていて、そういうキャラなんだろうと納得していたのだが、ミリィまでもが言うとなると何か意味のある掛け声であるように思えてならない。
いったいどんな意味があるんだろう。


キャラの音声を聴けるFLASHがあったので貼っておく。
http://akfla.gl-hf.com/


閑話休題。
ミリィは体が小さく、当たり判定が比較的狭いが、その代わりに防御力が紙である。
元から紙だけど、更にぺらぺらになってしまうのだ。
正面から撃ちあうと七割くらいの確率でこちらが負け、アサルトライフルで頭部に一発もらっただけで即死してしまう
その反面、移動速度は結構速い。
サンタ服の特殊効果もあって、他のキャラより二割増しくらいのスピードで動くことができる。
それを活かして回避前提で戦うと、面白いようにkillを取れる。
そして面白いように死にまくる。
戦績としてはkill10にdead15といったところ。
ダメじゃん…

AK-47の期限が切れたので初期銃を使う。
こんなに弱かったかと思うほど攻撃力がない。
当たりはするし削れるのだが、殺しきれない。
恐らくは初期銃が弱いというよりAK-47が強すぎたのだろう。
そんなわけでM4A1を買ったのだが、使用感はあまりよくない。どうやら過度な期待をしすぎていたようだ。
評判通りに反動は小さめで、狙いやすくはたしかにある。
それを活かして中距離でこそ輝く武器なのだそうだが、近距離中距離ともに高めの攻撃力と連射力で押しきれるAK-47のほうが私にとっては使いやすかった。
AKはたしかに反動の大きい銃だが、うまく狙えば2、3発で倒すこともできたので、やたら前に出たがる私は素直にMP-40でも買っておいたほうがよかったということなのだろう。

目をつぶると照準の青い十字が暗闇に浮かぶ。
物陰から赤い輪郭の敵が飛び出してくるような気がする。
ときどき「いっちゃ!」というジャンプするときの掛け声が聞こえてくる。

だいぶ

末期かも

しれない


ペーパーマン デラックスキット

テーマ : ペーパーマン
ジャンル : オンラインゲーム

またしてもペーパーマン

公式サイト
http://www.paperman.jp/


ログインしてみたら、PGが10万を超えていた。
昨日見たときは、たしか7万とか8万くらいだったはずだ。
何だ、何があった。
そう思って公式サイトを見てみると、どうやらいわゆるお年玉であったらしい。
条件を満たしたプレイヤーに、3万PGがメンテ明けに贈呈されたとのこと。
まったく知らない間に、私もその条件を満たしていたようだ。
これはなんとも嬉しいサプライズ。
さてこれでミリィをゲットして武器を買って、服まで幾つか買えそうだと妄想をたくましくしている私であったが、そこを悲劇が襲うことになる。

ゲーム画面にショップがない。
入れないとかではなく、ボタンそのものが消えている。
これはどうしたことだと思っていたら、どうも負荷軽減のための措置として、一時的に入れなくしたらしい。
そして当然のように、復帰時期は未定。
そんな…
これではなんのためのPGなのか、わからないではないか…
このままでは、AK-47の期限が切れたら、MP5Kをメインウェポンとしなければならなくなる。
MP5Kも決して弱い武器ではないが、MP-40などに比べると、やはり見劣りしてしまう。
一刻も早い復帰を望むばかりである。

とか昨日(8日)の朝方に思っていたら、夕方頃にはもう復帰していたようだ。
さすがはβテストと言わざるを得ないぐだぐださ加減だが、対応が早いあたりは評価できる。
正式サービスはアイテム課金になるんだろうし、塞げる穴があるなら今のうちに全部塞いでおいてほしいものである。

話は変わるけど、武器にレベルとかあったらいいんじゃないかと思った。
使用回数とか、使用時間とか、あるいは倒した人数によってレベルがあがっていき、ポイントがもらえる。
そのポイントを使って、攻撃力や連射力、反動抑制や装弾数、重量、射程距離、命中精度といった各項目を改造できるみたいな。
弱い武器はレベルを上がりやすく、かつ最大レベルを大きく、元から強い武器はレベルを上がりにくく、かつ最大レベルを小さく設定し、成長にかかる時間と最終的な性能がほぼ互角になるようにすれば、どんな武器でも使い続ける意味が出てくる。
もちろん、各武器の特色は残しておく必要がある。
スナイパーライフルでサブマシンガン並の連射をされてはたまらない。
単位時間あたりに与えられる最大ダメージ量が、基本連射速度の早い武器ほど多くなるようにすれば、最終的なkill率は互角に近くなると思う。
サブマシンガンやアサルトライフルは、弾数の多さゆえに外す機会も多くなるからだ。
現状は、強いとされる武器のみが人気を集めている状態だが、好きだからという理由で性能的には劣る武器を使い続けているプレイヤーも、少ないながらも存在する。
武器にレベルがあったら、皆がそういう風に遊べるんじゃないかと、そんなことを妄想した。

しかし所詮は妄想。
レベルに関係なく、誰もが腕のみで競い合えるのがFPSのよさだと聞いたことがある。
ならばプレイ時間に応じて強さが変わるシステムを持ち込むことは、そのよさを消すことに繋がってしまう。
仮に実現しても、プレイヤーの多く、あるいは一部がこれに反発するだろう。
個人的にはアリだと思うんだけどね。


ペーパーマン スターターキット

テーマ : ペーパーマン
ジャンル : オンラインゲーム

ペーパーマンのその後

公式サイト
http://www.paperman.jp/


AK-47を解禁しました。
ペーパーマンではアサルトライフルだけでも3種類ほどあるんですが、AK-47はそのなかでも攻撃力が高いほうなので、kill率はかなり上がります。
といっても二回死ぬ間に一回倒してたのが、一回死ぬ間に一回倒すに変わった程度ですが。サバイバルに参戦すると、death10に対してkillは8といったところ。
古城のサバイバルでは、相変わらずよく穴だらけされます。
通路で1vs1やってたと思ったら、いつの間にか十字砲火浴びてるとかいうようなことが高頻度で起こるのだ。あんたら結託して私をいじめてるんじゃないだろうなと疑いを抱くくらい。
もちろんそんなことはなくて、単純に私の位置取りが悪いだけなんですが…

そんなこんなで6時間ほどぶっ続けで遊んで、PGが今55,000ほどあります。
武器を買うか、ミリィを買うかが悩みどころ。
ミリィは40,000PGもするくせに、初期装備がティナと変わらない。
つまり公式絵のセーラー服じゃないのだ。
さらに猫耳もない。
そんなわけで、どうするか悩んでいる。

武器を買うなら、AK-47の期限が切れたあとにメインとするものを選びたい。
候補としては、サブマシンガンのMP-40か、アサルトライフルのM4A1か。
威力はMP-40のほうが高いのだが、M4A1のほうが命中精度で勝るという話。
私の腕を考えたら、MP-40のほうがkill率は上がりそうだけど、遠距離からぺしぺし撃つことも結構あるので、M4A1も捨てがたい。
AK-47の期限が切れるまでには結論を出しておきたいところだ。


ペーパーマン デラックスキット

テーマ : ペーパーマン
ジャンル : オンラインゲーム

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。