スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏色の詠使い8を読んだ

章タイトルは「百億の星にリリスは祈り」
著者は細音啓
イラストは竹岡美穂

説明が文章の大半を占める巻
アクティブなシーンもあるにはあるけど、そこまでは燃えない感じ
でもおかげで、物語の根幹にまつわる謎が見えてきた
次巻あたりで一応の区切りがつきそうだ

シャンテの転落っぷりがものすごい
異端の長と呼ばれて畏敬の念を送られてるグループの一員で、前巻くらいまではその貫禄も残ってた気がするのに、この巻だけだともう凡人にしか見えない
それだけほかの登場キャラ、ネシリスやテシエラやファウマが規格外の化物なんだってことだろうけど

中二病具合は変わっていない
むしろ加速しているようにさえ思う
著者がのちにこれを読み返して転げ回ったりしないか、ちょっと心配だ

このシリーズに関しては、正直私は飽きがきてはいるんだけど、前述の通り次巻で一区切りつきそうなので、そこまでは付き合うつもりでいる
一巻あたりはかなり面白かったんだけど、その後少し、風呂敷を広げすぎた
なおかつそれをたたみ始めるのが遅れたせいで、無駄に間延びしてしまったという印象だ
ただ、このシリーズは燃える展開をどこかしらで入れてくれるので、そのおかげで読む意思を持続できている
ショタっ子と年上のお姉さんによるキャッキャウフフという、ありそうでなかなかない構図が成立しているあたりもポイントが高い

全体としては悪くないシリーズなんだけど、もう少しギュッとまとまってくれてたらなあ
惜しいと言わざるを得ない


黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り (富士見ファンタジア文庫)
関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。