スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏色の詠使い10を読んだ

著者は細音啓。
イラストは竹岡美穂。
シリーズ通算10冊目であり、同時にこれが最終巻となる。

総評から先に言わせてもらうと、「これまで読み続けてきた甲斐があった」と、そう思わせてくれる一冊だった。
前巻までに張り続けてきた伏線のすべてを、きっちり無理なく回収してみせている。
シリーズの最後を締めくくるにふさわしい出来だと思った。

登場キャラのあるひとりは惨敗を喫し、あるひとりは歯牙にもかけられなかった。
そして主人公は、一番大切な人を失うことになる。
そんなところからスタートするこの10巻。
これまでの主人公の積み重ねてきた知識、経験、なにより人との繋がり。
そういったすべての集大成がここにある。
予想していたような強引さは欠片もなかった。行き着くべきところに、必要な経路を辿って到着した。そんな印象だ。

ここ最近の巻では、もう切ってしまおうかと思うこともあった。
話が進んでいくごとに設定が複雑化していき、展開も間延びしていくばかりで、読んでいてつらかったのだ。
でも、それを押してでも読み続けてきてよかった。今は素直にそう思う。

さてこれの著者氏の新作が、昨年秋より発刊されている。
タイトルは「氷結鏡界のエデン」。イラストレーターはカスカベアキラ氏。
気にはなるけど、今のところは保留にしている。評判がよければ手を出してみるつもりだ。


黄昏色の詠使いX 夜明け色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)
関連記事

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。