スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋弾のアリア4を読んだ

著者は赤松中学。
イラストはこぶいち。
サブタイトルは「墜ちた緋弾」。

依頼された要件や事件の解決を、武力によって行うことを公的に認められた存在、武装探偵。その武装探偵、略して武偵を育成するための学校を舞台に、主人公とヒロインたちがラブコメしたりシリアスしていく物語だ。

前巻が、盛り上がったところで次回へ続く的な締め方をしていたので、それなりに期待して読んだのだが、どうやらそれがまずかったらしい。
予想のやや下をいかれた感じだ。

この4巻では、ストーリー的に大きな動きを見せている。起承転結で言うところの転が、一冊のなかで何度も起きているのだ。
それがよくなかった。
物語をこれほどゴロゴロ転がすならば、相応の文量を用意するか、そうでなければシナリオを徹底して精錬する必要があると思う。
しかし現実には、そのどちらもできていない。
そのせいで、敵も味方もかませ犬ばかりという惨状になってしまっている。
パワーバランスを取ることに、完全に失敗しているのだ。これは非常によろしくない事態だと言えるだろう。
せめて2冊に分けるとかして、エピソードとエピソードの合間を適切に補完してやれば、もっと面白くなっていたんじゃないかと思う。

ただし先述の通り、本著は起承転結で言うところの「転」の巻だ。
決着への前振り、溜めの状態。それゆえの不味さだと考えれば、納得できないこともない。
計算のうえで精彩を欠いたのか、それとも単純に面白くないのか。その答えは次の巻で出るだろう。期待に反しない出来であってほしいと願わずにいられない。


緋弾のアリアIV (MF文庫J)
関連記事

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。