スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒャッコ5を読んだ

作者はカトウハルアキ。
学校を舞台にした群像劇風マンガの第5巻。

マンガに限った話でもないと思うが、あまりにもキャラが増えすぎると、個々の持ち味が薄まって、全体としての面白さを損なってしまうことが往々にしてある。
このマンガもまた、キャラがどんどん増えていくタイプの作品だ。
だからそのうち面白くなくなっていくのかも、なんて思ってたけど、今のところその兆候は感じられない。
むしろ面白くなってるようにも思う。

理由を考えてみるに、そもそも特定のキャラへ依存した内容ではないということが第一に挙げられるだろう。
一応、四人の主要キャラクターは存在しているのだが、彼女たちに頼っていたのは最初のうちだけで、順次増えていくほかのキャラクターたちへも、今では均等にエピソードが割り振られている。

ここで重要となるのが第二の理由だ。
キャラクターに個性があること。それも生半可なものじゃなく、かなり強烈な個性だ。
だからキャラクターの増加にともなって、その個々にスポットライトのあたる時間が減じていっても、それぞれが主要と言えるくらいの個性を持っているから、持ち味が薄まらない。つまり作品としての面白さが損なわれることもない。
この場合、キャラクターが増えることはプラスに働きこそすれ、マイナスになることはないと言えるだろう。

作者氏の別作品である夕日ロマンスの場合、強い個性を有していたのが主要キャラの数人だけで、ほかのキャラにはそれがなかった。
というかメイン三人の話こそが読んでて面白いものだったので、のちのち登場してきたほかのキャラクターには存在意義自体があまりなかったのだ。
だから、キャラが増えても面白さが希釈される結果にしかなっていなかったように思う。

その前作での失敗を、本作では見事に克服しているように見受けられた。
描きたいキャラやエピソードを、思うまま描いている作品という風に見ることもできるだろう。
けれどそれで面白くできるということは、実は群像劇に向いた作家さんなのかもしれない。


ヒャッコ 5 (Flex Comix)
関連記事

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。