スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーロボット大戦K

スパロボ新作の参戦作品が公表されたようだ。ファミ通の最新号に載っているとのこと。

私にとって見るべきは、参戦作品のなかにガンソードがあったことだ。
谷口アニメのなかでもコードギアスとプラネテスはあまり好きになれずに途中で見るのをやめてしまった私だが、ガンソードは不思議と性に合って、好きなアニメ作品のひとつになっている。

このアニメのどこがよかったのかと思い返して考えてみるに、「一本筋が通っていたこと」ではないかと思い至った。
ガンソードは公式から「痛快娯楽復讐劇」とカテゴライズされて宣伝されており、実際、ひたすらに視聴者が気持ちよくなれるように作られたアニメだった。
視聴者がストレスを感じるような展開がシナリオ上にあったとしても、それがのちの快感、いわゆるカタルシスってやつに必ず結びついている。
理不尽すぎるということはなく、ご都合主義に徹するという感じでもない。
そのあたりのバランスの絶妙さが、このアニメを面白いと感じさせる大きな要因だったのではないかと思う。

もっと簡潔に言うと、主人公に目的があり、その目的のために主人公が動いていくわけだが、最後の最後までそれが曲がらない。
あくまでまっすぐ、傍から見たらバカに思えるくらいに一本気だ。
そこがこのアニメのいいところだと思う。
2クールで全26話あるのだが、その間主人公が道に迷うことはあっても、目的地を見失うことはただの一度もなかった。
最終決戦の最中にあってさえも、雰囲気なんざ知ったこっちゃねえと言わんばかりの発言の数々。自分の欲望のみで動いてるんだということが、嫌というほどよくわかる。

けれどもこれが格好良いんだよね。
それも最高に。
だから私はこのアニメが好きなのだ。

バカに見えるほど一本気な男を描かせたら、谷口悟朗に勝る監督というのもなかなかいないだろうと思う。
そんなわけで今度のスパロボ新作もちょっと楽しみになっている私ですが、スパロボのなにが好きかって、凝りに凝った戦闘シーンのアニメーションなんだと最近気がついてしまったので、新品で買ってまでやるかどうかはまだわからない。
というのも、私はスパロボシリーズに手を出したことは一度や二度じゃないのだが、クリアしたことは一度もないのだ。
戦闘シーンのアニメーションをあらかた見てしまったら、それで満足してしまって続きを遊ぶ気力がなくなってしまうのである。
なので中古で安くなった頃に買うとか、そんな感じでもいいかなと思っている。
まだいつ発売になるのかさえ定かではないけれど…

あと本編とはあまり関係ないけど絶対に書いておきたいことがひとつ。
女性キャラが結構魅力的なんですこのアニメ。
ヒロイン格のウェンディは、最初見たときはそうでもないと思ってたけど、改めて見ると結構かわいい。
とりあえず第一話で処女だと告白してしまうヒロインってのは、アニメ多しといえどもこの子くらいじゃないだろうか。
まあ第一話で童貞宣言する主人公もそうはいないだろうけど…


ガン×ソード VOL.2 [DVD]
関連記事

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。