スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディシディア ファイナルファンタジー

今更ディシディアプレイ中。
知人が持ってて、今は遊んでないとのことで貸してもらった。

ゲーム内容のほうだけど、オープニングがまず熱い。
プロローグのウォーリア・オブ・ライト(1主人公)の横顔がかっけー!

しかし超ムズい。
FF1のエピソードから始めたのだが、途中のジェクトが強いのなんのって。
ギリギリまで追い詰めてもジェクトフィンガーで一撃必殺されてしまう。
さすがは最強の親父。
10回目あたりで諦めて逃げることにする。

しかし今度はセフィロスが倒せない。
あんたらちょっと強すぎじゃねーの!?
挑むこと数回目にしてEXバースト(超必殺技のようなもの)でゴリ押して辛くも勝利。
そしてこれが2番目のステージでした。
あとどれだけあるんだ。
先が思いやられるぜ…

というわけでFF1は一旦取りやめてFF3を選択する。
FF1の難易度は☆5つで最大だ。難しいのはこれが原因だったのだろう。
しかしFF3も☆4つと難易度は高めなほうで、クリアは難しいかもしれない。
なのになぜ私がFF3を選んだかというと、単に一番思い入れのある作品だったからだ。
そんなこんなで、引っかかりつつもなんとかクリア。
しっかし暗闇の雲の強いこと強いこと。
FF3ルートプレイヤーキャラのオニオンナイトは攻撃時の隙が大きいものの、遠近両方に対応できるスキルを持ってるのでかなり戦いやすい。
にもかかわらず苦戦しまくってしまった。
けど原作でも暗闇の雲には散々苦しめられたから、バランスとしては正しいと言えるのかもしれない。

その次はFF2を選択し、これもクリア。
こちらは☆2つなだけあって割と楽だった。
フリオニールの性能自体は攻撃スキルの少なさゆえにあまり高くは感じないのだが、一撃が大きいので運次第では格上の相手にもさほど苦労せずに勝てるというのが大きかった。。
あと、終盤のムービーにFCのカセットに描かれていた絵と同じ構図で決めるシーンがあったのには胸が熱くなった。
プロローグのウォーリア・オブ・ライトもそうだけど、こういう演出があるのは嬉しい。
FFファンのために作ったというのも頷ける作りである。

さて、次はどれを進めるかな。


ディシディア ファイナルファンタジー(特典なし)
関連記事

テーマ : DISSIDIA FINAL FANTASY
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。