スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロノクロスの思い出





YouTubeでクロノクロスのプレイ動画を見た。

当時はたいして思い入れもなかったけど、時を経るに従って自分の中での比重を増していったソフトだ。それは、このゲームの音楽によるところが大きいと思う。
ソフト自体はいつの間にかどこかへいってしまったのだが、サントラは大事に持ち続けていて、今でもよく聞いている。これが二世代前のゲームのBGMかと驚愕を覚えるくらいの質の高さだ。

SFCからPSへとゲーム機の世代が移行し、音の表現力にかけてはグラフィック以上とも言える進化を見せた。その結果、PS時代ではSFCと同等、あるいはそれ以上に愛されるゲームミュージックの数々が作られることとなる。
そういった傑作の数々が肩を並べる中においても、このクロノクロスは間違いなくトップクラスだ。PSの歴代タイトルの中から音楽が印象深いソフトを各人挙げれば、その数は十や二十ではきかないだろう。もしかすると百を超えるかもしれない。
そんな栄誉あるタイトルの中に、この作品も名を連ねるだろうことは疑う余地もない。と、個人的には思っている。

そしてBGMを耳にすることで、ストーリーが思い出される。
クロノクロスのシナリオについては、当時から今にかけても賛否両論絶えることがない。今後もずっと論じられ続けていくだろう。そういう意味では、このソフトは問題作と呼べるのかもしれない。

個人的には、可もなく不可もなくといったところだった。もともとクロノトリガーのストーリーにそれほど強く思い入れていたわけではなかったので、クロスのシナリオにもさほど違和感を覚えなかったのだ。
けれどもクロスの終盤の展開は、今考えてもよくできていたなと思う。受け入れるか、受け入れないかの選択は別にしても、あのシナリオは英断であるし、その結ぶところとしてクロノクロスというゲームが完成を見たことには大きな意味があると思う。
もっとも私も、十年の歳月を重ねた今だからこそ、このように言えるのかもしれないけれど。

久々に遊んでみたくなったので、ゲームアーカイブスにあるか確認してみたけど、残念ながら未配信のようだ。
いつか配信開始されたら落としてみようと思う。


クロノ・クロス オリジナル・サウンドトラック
関連記事

テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。