スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはゾンビですか?3を読んだ

著者は木村心一。
イラストはこぶいち&むりりん。
サブタイトルは「いえ、それは爆発します」。

一巻と二巻でかなりカオスなことになってたけど、ここにいたってようやく話が収束に向かってきた。
なにせ二巻ときたら、突如現れた怪物の大群への対抗手段として、とんこつスープの雨を降らせようとするような有様だったから、この調子でいくと、攻めてきた地底人と戦うために温泉卵を作り始めてもおかしくなかった。
それがこの三巻で、各勢力の目的と立ち位置が整理され、ある程度わかりやすくなったのである。

そしてキャラ、勢力、目的が整理されたことで、本作の持ち味が最大に活きてくる。
本作の持ち味、それはひたすらシュールなギャグの数々だ。
それこそが本シリーズの最大の魅力であり、同時に弱点でもある。
ギャグの合う合わないは、読む人に大きく依存するポイントだ。合わなければ、ギャグだけでなくストーリーまで色褪せてしまう。
そこへいくと本作は読む人を選ぶ作品ということになるのだが、この三巻はそれだけでは終わらない。

主人公の苦悩と、その果てに得る確信。第三巻の真骨頂はそこにある。
戦う理由、求める理由が果たして正しいものなのかと己を顧み苦悩するのは、往年のヒーロー物を例に挙げるまでもなく、王道で予定調和的な展開だ。
それがこのシリーズに合うなどとは思いもしなかったが、いざ読んでみると面白い。
普段は無気力で諦念しか頭にないような主人公だからこそ、なにかを得るために七転八倒している不格好な姿がおかしくもあり、また格好良くもあり。

二巻を読み終わったときにはどうなることかと思ったけど、この調子ならシリーズが続いても問題なさそうだ。
次の巻にも期待がもてそうで、何よりである。


これはゾンビですか?3 いえ、それは爆発します (富士見ファンタジア文庫)
関連記事

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。