スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍盤七朝ケルベロス壱を読んだ

著者は古橋秀之。
イラストは藤城陽。
シェアードワールド、龍盤七朝の新シリーズ。

ある時代のある国に、一個の怪物がいた。
身の丈九尺九寸。腕の一振りで百人を屠り、槍を放れば街一つを壊滅させる。
人の身におよそ不可能なその暴虐は、なればこそ行う者は人にあらざり、いわく「天災」、いわく「怪物」。
世にその超常ぶりを知らぬ者はなく、当然のように一国の盟主となって他国を蹂躙していくそれを、畏怖を込めて人々はこう呼ぶ。いわく、「覇王」と。

そして本著の冒頭には、こう綴られている。
「これは、一匹の怪物の物語だ」と。
三首四眼五臂六脚、戦場に現れ声高く喚けば敵将の首が落ち、姿を見れば目が潰れ、影に触れれば寿命が縮み、吐き出す毒気は一軍丸ごとを死滅させる。
歴戦の兵までを震え上がらせるそのモノは、ヒトというには到底あたわず、ならば怪物と呼ぶ他ない。

怪物を殺す者が、もしあるとするなら。
そのモノもまた、怪物でなければならない。
だからこれは、「一匹の怪物の物語」だ。

そんな感じのあらすじ。
一昨年読んだラノベの中でもとりわけ面白かった、「龍盤七朝・DRAGON BUSTER」の、世界観を同じくする別作品ということもあって、それなり以上の期待を込めて手に取った。

際立つのは描写のうまさ。
一見すると何気ない、ごく普通の文章だ。
しかしこれが、読みやすい。読んでいて、引っかかるということがない。
書くべきことを、必要なだけの言葉で、簡潔に、最大の効果を上げるように、書いてある。
だから、一見すると普通だ。でも読みやすく、わかりやすく、水のようにすっと入ってくる。

戦闘描写が特に顕著だ。
一文を読めば、場面が脳裏へ色鮮やかに描き出される。
つぶてのように打ち当たる雨の中、赤熱し光り輝く鎧を身につけた、人智を超えた怪物の姿。
雷光を背にした見上げんばかりの威容は、ただそこに在るだけで、周囲に破壊をもたらす。
赤銅色の皮膚に落ちる雨粒は、その端から蒸気に変わり、あたりを駆けめぐる力の暴風に飲まれていく。
携える槍は鉄柱と見まがうばかりに太く巨大で、兜の奥の眼光は、それだけで人を殺せるほど強大な意思の力を宿し、燃えるように輝いている。
こんな化け物と出会ってしまったら、ましてや相対してしまったら。そこにはもう、絶望しかない。
勝てる見込みなど、万に一つもありはしない。
一文を読むだけで、そう確信させられる。それほどに、精彩に満ちた描写。

普通に面白い。
当たり前のように面白い。
珍しくもないごく見慣れた材料を堅実に積み上げていって、できた代物が精緻をきわめた螺鈿細工。そんな印象の物語。
だから「普通に」面白い。

端的に言って期待通り。それ以上と言ってもいいかもしれない。
シリーズの第一巻として、申し分のない内容だと思う。
なので、次巻以降にも期待する。きっと裏切られることはないだろう。


龍盤七朝 ケルベロス 壱 (メディアワークス文庫 ふ 1-1)
関連記事

テーマ : 武侠小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。