スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブプラスのグラフィックを解説する

という記事についての話。



西川善司の3Dゲームファンのための「ラブプラス」グラフィックス講座
DSの3D能力を超えた5,000ポリゴンキャラクターをレンダリングする技術に迫る
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/20100430_365048.html



キャラクターのモデリングとモーションに、つぎ込めるだけのリソースをつぎ込んでるっぽい。
ラブプラスではキャラのポリゴン数が、メタルギア3の4,400という数字を超えており、これはハードのスペックでPS2より劣っているDSでは、本来実現不可能な仕様だ。
これを現実のものとするために、様々な技術を投じてあるのだそうだ。
静止画ではそれほどではないのに、動画だととても魅力的に見える理由は、まさにそこにあったのだろう。

技術的なことは正直理解しきれないが、しかし開発スタッフのひとりである石原氏の言葉には深く共感できた。


「あまり気がつかれないんですが、彼女達の胸、実は揺れているんですよ。実際、ボーンを仕込んで手付けで手付けの揺れを付けています。私とプロデューサーの内田明理が下品な揺れはイヤなので極めて上品な揺れに留めていますが」



というコメント。
これ見よがしな揺れはリアリティを損なうからということもあるし、エロ要素の押し売りのようで素直に受け入れがたいということもある。
スパイスというのはベースの味に対して少しだけ入れるからこそ風味を引き立てるのであって、どばっと大量に入れてしまっては、元の味さえ壊してしまいかねない。
エロスもそれと同様で、ほんの少し、気付くかどうかという程度だけ入れることで、キャラやシチュエーションの魅力を最大限に引き立ててくれるのである。

エロスといえば余談になるが、リンク先記事にある顔パーツの画像の、口のところが超エロい。
口って何であんなにエロく感じるんだろうね。


ラブプラス+
関連記事

テーマ : ラブプラス
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。