スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法使いの夜」の発売日が決定したらしい

TECH GIAN 2010-08
http://blog.livedoor.jp/humanity6/archives/51538549.html



2010年9月30日予定とのこと。
意外なくらいに早い。
発売日が決まってからも、一年くらいは待たされるものだと思ってたよ。

予定価格は8,000円で、ボイスはなし。

このボイスなしっていうのもかなり意外だった。
声のないエロゲーなんて(まほよは全年齢対象だけど)、今や探す方が難しいくらいのご時世なのに、その時流に真っ向から逆らうとは。
Fateが出た当時でさえ、声ありのゲームの方が多かったくらいなのに。
資金がないわけじゃないだろうし、となると本気でいらないって思ってるんだろうなあ。

私個人としては声にはあまりこだわりがないので、あってもなくてもどちらでもいいです。
シナリオさえ面白ければ。

あとさらに意外なのが、今回選択肢がないらしいってこと。
ノベルゲームとしての体裁さえ捨て去る構えのようである。
プレイ時間は15時間ほどになる模様。

このあたりも挑戦的な仕様だなあと思わされる。
定価が8,000円なら実売は6,000千前後ってところだろうけど、それでも時間あたりの価格で見ると、ラノベなどに比べて割高な印象だ。
もちろんボリュームはあればあるほどいいというものではない。良質な一時間は悪質な十時間に勝る。それは誰しもが認めるところだろう。
ただ、それが「良質な十時間」であればもっといいというだけの話である。

声を切り捨て、選択肢を廃したまほよという作品は、他の要素、すなわち絵や演出や音やシナリオで他のエロゲやラノベとの差別化を図らなければならない。
それができなかった場合には、まほよの試みは失敗として語り継がれることになってしまうだろう。

だから、よほど出来に自信があるんだろうなあと。
そのように思うわけです。

あと余談だけど、TYPE-MOONエースのvol.5についてくるタペストリーの画像が超いい。
青子と有珠のふたりが並んでるやつ。
チェックのプリーツスカートにニーソックスとか、あまりにも私得すぎる。
思わず買ってしまったのだ…


TYPE-MOON ( タイプムーン ) エース Vol.5 2010年 07月号 [雑誌]
関連記事

テーマ : 魔法使いの夜
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。