スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOやってます

チャプター1をクリアした。
このゲームはとった行動によってルートが変わるらしいのだが、どのような理由によるものか、私の方針とは真逆の方にストーリーが進んでいる。
現実はままならないということなのか、はたまた私の常識が世間の非常識なのか。後者ではないと思いたい…

閑話休題。
正直に言うと、始めたばかりの頃にはそこまでおもしろいと思っていなかった。
というより、システムが「ファイナルファンタジータクティクス」というゲームのそれに酷似しているので、目新しさという意味での刺激に乏しかったのだ。
もちろん実際は逆である。FFTの方がTOに似ているのだ。

ただ、現実に遊ぶうえでは順序にさしたる意味はない。
“散々やり込んだゲームにシステムがよく似ている”。
FFTのあとにTOを手にとった人間からすれば、それだけが意味のある事実だ。

そういった理由から、始めて間もないにもかかわらずマンネリ感を覚えていた。
「途中で投げる羽目になりそうだ」などと他人事のように思ってもいた。
それがつい先日のことである。

気がつくと、暇さえあれば遊ぶようになっていた。
戦闘し、スキルを習得し、装備を整え、ストーリーを進め、クラスチェンジし、アイテム合成し、また戦闘する。
ひたすらその繰り返しである。

認めざるを得ない。自分の認識が甘かったことを。
よくできたゲームというのは、こういうものを指して言うのだと思い知らされた。
外見で目を惹くのではなく、内容によって惹きつける。
だから遊んでいるうちに、いつの間にかのめり込んでいる。
「気がついたらハマっている」という状態になるわけである。

そんなこんなでクラスもいろいろ出揃ってきた。
このゲームはクラスチェンジにカードが必要になるので、店でそれを買えないクラスについては扱いも慎重になる。
また、「同じ種類の武器を使い続けた方が強くなる」というシステムがあるため、同じ武器を装備できるクラスの方が有利だ。
クラスによってはセットしていても効果を発揮しないスキルもあるから、そのあたりも考慮しなければならない。
そうやって考えぬいた末の編成で敵に挑み、完全勝利するのが楽しいのである。

でも実際は、ひとりふたり殺害されることも多かったりする。
ストーリーが進むにつれて敵も強くなっていくので、こちらも強化していかないと互角には戦えない。
このゲームのストーリー上で発生する戦闘は、ほとんどの場合、指定されたユニットを倒せばクリアとなる。
だからそれほど構えなくても、突破力のあるユニットに突撃させればあっさりクリアできたりもするのだが、そうするとアイテムがあまり手に入らない。

そして、敵をすべて倒そうと考えると、単純な戦力で相手を凌駕しなければならない。
なにせ指定されたユニットを生かしたまま、ほかを全滅させなければならないのだ。指定ユニットは大抵強いので、放っておくと甚大な被害が出るし、かといってほかのユニットとの戦いも楽なものではない。
それらの不安要素を無理矢理に押さえつけて、被害を出すことなく完勝しようと思うと、単純戦力で相手を上回る必要が生じるのである。

だから戦闘時には頭を使いまくって、なるべく討ちもらしがないようにと努めている。
序盤にこういうことをやって意味があるのか定かではないけど、自己満足みたいなものだから、ないならないでも別にかまわない。
おもしろければ、それでいいのである。


タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)
関連記事

テーマ : タクティクスオウガ(PSP)
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。