スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK―ゴシック―を見た

公式サイト
http://www.gosick.tv/


原作は4、5巻くらいまで既読だったはず。
何年も前のことなので、どこまで読んでいたかの記憶が定かではない…

内容は概ね原作通りだったけど、変更点がひとつある。
アニメでは、主人公の一弥はヴィクトリカと大図書館の最上階で初めて出会ったということになっていたけど、原作では最初から既知の間柄だ。
ドリル頭のド・ブロワ警部とも、原作では元からの知り合いである。
話の筋に大きな影響を与える類の変更ではないし、なにより必要に迫られてのことだとわかるので、これについてとやかく言うつもりはない。
“必要に迫られた”理由については後述する。

GOSICKのアニメ化に際しては懸念事項が一点だけあって、それは「ヴィクトリカの声がどうなるか」ということだった。
というのもこのヴィクトリカ、原作では声について、「老婆のようにしわがれた」と形容される場面が多々あるのだ。
そういう演技のできる声優さんなら、そういった方面にうとい私でも何人か思いつく。ほかの視聴者にとっても同様だろう。
だが、原作での設定を額面通りに受けとって、本当に「老婆のような声」の声優さんをキャスティングしてしまったら、いったいどうなるか。
おそらく、原作のコアなファン以外にはまるで受けないヒロインが完成することになる。

それはそれで聞いてみたいと、皮肉ではなく純粋に思ったりはする。
でも、テレビアニメがただ放送するだけでなく、商業的な成功も収めなければならない媒体であることを考えると、そんな選択が認められることはまずないだろう。
となれば、原作設定と視聴者への訴求とのあいだで、製作スタッフが適切な“落とし所”を見定めなければならず、ここに懸念と、そして興味があったわけだ。

結論から言うと、「うまい“落とし所”を見つけたな」という具合。
悠木碧さんの声と演技は、ヴィクトリカというキャラクターに想像した以上によく合っていた。あれなら原作ファンの大半からも好意的に受け入れられるだろう。

結局のところ、文章による描写と現実の音声が、完全にイコールとなることはありえない。大なり小なり、必ず齟齬が生じる。概してそういうものだ。
であるならば、可能なかぎり原作設定に近く、かつ魅力ある演技のできる声優を起用する以外、製作スタッフにできることはない。
それが多少“魅力”の方に寄ってしまったとしても、齟齬が元から回避不能なものであることを考えれば、誤差の範囲内とも言えるわけだ。

なにより、悠木碧さんのヴィクトリカは、かわいかった。
ただかわいいだけではない。相当にかわいかった。これが大きい。

やはり、かわいいは正義である。重要である。
かわいければ、多少の齟齬なら許せてしまえる。
そういう意味で、アニメのヴィクトリカは「うまい落とし所」と思った次第。

そして、ヴィクトリカのあのかわいらしさを視聴者に十分わかってもらうためには、彼女が登場し、そういった言動を見せるシーンが、アニメのなかにより多く含まれている必要がある。
これが、前述した“必要に迫られた理由”だ。

仮に、一弥とヴィクトリカの出会いを原作通りに行なった場合、第1話は「一弥の巻き込まれた事件にヴィクトリカが介入し、真相を言い当てる」という流れになっていただろう。
もしそうなっていたなら、彼女が今ほどのかわいらしさを発揮することは、おそらくなかったと思われる。
ゆえに、製作者サイドとしては展開を意図して変える必要があったわけだ。
ヴィクトリカというキャラのかわいらしさを、視聴者へ存分に見せつけるために。

実際にできあがったものを見るに、その判断は正しかったのだと思う。
アニメのヴィクトリカは、相当にかわいかった。
私と同様、彼女によって心揺さぶられた人は少なからずいるはずだ。
“つかみ”の要素としては十分なものであり、全体を見ても、新規アニメの第1話として順当な仕上がりだったと言えるだろう。

そういや、いるべきサブキャラがひとりいなくなってた気がしたんだけど、今後出てきたりはするのだろうか。
そのあたりも含めて、2話以降にも期待したい。


GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)
関連記事

テーマ : GOSICK-ゴシック-
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。