スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホロウの雑感 きっとこれで最後編

「Fate/hollow ataraxia」の感想です。恐らくはこれで最後になるハズ。

前回のエントリで最後にするつもりでしたが、予想していたより書きたい欲求が強くなってしまったので、今一度キーボードを叩く事にいたします。今回は、もう少し細かい部分に言及を…と書けば見栄えは良いですが、要は思いついた事を取り留めもなく書き綴るだけですので、ご了承のほどを。

100%に達しました。
最終的な所要時間は、約43時間ほど。シナリオを追うだけなら、もう少し短くなると思います。ですが、ミニゲームをやり込む事までを考えると、逆に数時間ほど追加されそうです。

以下の文章はネタバレ全開になると思われますので、その点にはご留意下さいませ。
忌憚なく言うならば、所詮はファンディスクと侮っていたところは、確かにありました。
同時に、大きな期待を抱きもしていました。しかし、進めていくうちに「ホロウはファンディスク」という事実がハッキリと見えてきてしまい、過度な期待を抱かないようにしていたのです。
肩透かしを喰らう事ほど虚しい事は、そうそうありませんから。

とはいえ、斜に構えて行う遊びほどつまらないものもないわけで、結局はいつも通りに、自身のやりたいように淡々と進めていったのです。

しかし、そんな杞憂はすべて、彼の英霊の光り輝く剣によって、空の彼方まで吹き飛ばされてしまいました。

『ブロードブリッジ』
すべてはここに、集約されます。
終盤の山場も山場。言うなれば、伸るか反るかの大勝負時。
その最中、幾人かのお人好し達が、全身全霊を籠めたお節介を焼くのです。
繰り返される四日間は、誰にとっても優しいものであり、傍観するならまだしも、壊す事を助ける理由は誰にもありません。むしろ、続く事をこそ望んでいる者もおりました。
思惑はそれぞれ。それは、必ずしも主人公の為ではなく。

ある者は、プライドの為に。
ある者は、信念の為に。

ある者は、領域を汚させない為に。
ある者は、望みに応える為に。

ある者は、守り抜く為に。
ある者は、マスターを支える為に。

ある者は、より高得点を狙うが為に。

ある者は、とりあえず眼前から根絶する為に。

そして、ある者は。
主君の願いを、護り通す為に。

「outbreak」から「wars」へのBGMの流れが、このエピソードの印象を決定付けたと言っても過言ではありません。ここにきて、音楽に対する評価が完全に覆りました。
曲自体が突出して派手というわけではありません。むしろ、曲だけならここまで惚れ込む事はなかったでしょう。
理由は、単純と言えば単純です。使われている場面が、痺れるほど格好良かったからに他なりません。

グラフィック、エフェクト、BGMと効果音、そしてシナリオ。これらすべてを、これだけ高い次元でまとめきったノベルゲームを、私は他に知りません。一般的に想起されるであろうファンディスクの範疇を、遥かに超えています。
特筆すべきは『終わりにして絶対不落の真なる守り手』。これの描写は、信者の贔屓目を抜きにしても、一目に値すると言えます。ホントにもう、身悶えしつつ転がりたくなるほど格好良いのです。
このあたりで、私は完全に打ち倒されました。ここまでクオリティが高いと、最早傑作と評する以外にありません。肩透かしの可能性を案じるなど、無駄な事でありました。

以上が、ミニゲームのみを残してすべてを見終えた感想の流れです。
私は今、何も考えなければこの三倍くらいの文章を書けそうなほど愛に溢れているのですが、さすがに不毛過ぎるので、この辺りで筆を置いておきます。気が向いたら、また何やら書く事もあるかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。