スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Character material」

TYPE-MOONが今までに辿ってきた軌跡の中で、本来表に出る筈のなかった裏設定や、廃棄される筈だった没設定などが、イラスト付きで紹介されています。テキストを担当しているのは勿論、奈須きのこ氏です。

ポイントは、「イラスト付き」というところです。
TYPE-MOONの作品には裏設定がやたらと多く、それらは今までにも「月姫読本」や「side material」などで紹介されてきました。私もそのすべてを把握できている訳ではありませんが、「本来表に出る筈のなかったモノ」を集めた本著の性質を見るに、初出のキャラクターや設定、イラストが大部分を占めていると思われます。

本編に入る前に、本著の内容には資料的な価値も信頼性も無いと前置かれてはいるものの、その割に内容はとてもしっかりとしており、読みごたえのある仕上がりとなっています。
その大きさ故か、手に持った時には薄いと感じられたのですが、実際に読み進めていくと、読了にはかなりの時間が掛かる事に気付かされます。

「次回作を暗示している事もない」とも書かれてはいるのですが、その割には文章の至るところに製作を前提とした上での言葉が見え隠れしているように思えるのは、私だけでしょうか。
「魔法使いの夜」はともかくとして、奈須きのこ氏の脳内で月姫2として設定されているらしい「the dark six」と、現在執筆中と思われる「DDD」に関しては、かなり具体的な設定まで考えられているように見受けられます。

「DDD」については明言もされていますので、どんなかたちであれ世に出るのは間違いないと思われますが、現時点では題すら仮のものである「the dark six」は、どうなるのかを推し測る事は困難です。
奈須きのこ氏曰く、「三割ぐらいは世に出る事を祈る」そうですから、期待の度合いもその程度に留めておくのが適切なのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。