スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたしたちの田村くん2」

著者は竹宮ゆゆこさん、イラストはヤスさんです。
シリーズ第2巻となります。



恋愛における基本人数以上で恋愛の物語が描かれる際、つまり三角関係以上の場合において、その描き方は、大きく分けて2通りあります。
1つは、ひたすらに明るく、ひたすらに楽しく描写されていくパターンです。
もう1つは、逆に徹底して真面目に綴られていくパターンです。
ラブコメディーに分類される作品の場合、前者である事が多いように思われます。

さて、ここで問題です。この「わたしたちの田村くん」の第2巻は、果たしてどちらにカテゴライズされるでしょうか?

正解は勿論、前者です。
…と、1巻を読んだ多くの人が考えると思います。私もその1人でした。ですが、それは間違いなのです。
正解は、なんと後者です。この「わたしたちの田村くん2」は、第1巻のコメディー重視の描かれ方とは打って変わり、一般的には嫌悪される状況である三角関係に対し、真面目に取り組んだ作品なのです。

エロゲーやエロ漫画などを嗜まれる方なら、これらの媒体での恋愛の描き方が、大なり小なり常軌を逸する事をご存知かと思います。「御都合主義」と称されるそれは、その呼び方の通り、特定のキャラクター、多くの場合は主人公ですが、そのキャラクターにとって非常に都合の良い状況を作り出します。3又4又も当たり前、作品によってはそれ以上もあり得てしまうという、極めて特殊な状況です。
それは小さくない需要があるからこそ成り立っている描き方ですが、その大味さ故に、リアリティーとは縁遠くなってしまう事もまた、事実です。読者の共感をより強く得ようと考えたなら、選択する事はできない描き方なのです。

さて、前巻のレビューにおいて、私は主人公の田村君を絶賛いたしました。
その有り余るサービス精神は、常識的とは言い難い言動の数々を生み出し、周囲のキャラクターと読者に対し、溢れるほどの混沌を提供していました。稀に見る面白主人公です。

しかし、この第2巻の田村君は、第1巻のそれとは逆に、壮絶なまでにヘタレ化しています。保身のために、嘘はつくし、言うべき事は言わないしで、イライラを覚えてしまうほどの煮え切らなさです。ずるくて卑怯なその姿は、第1巻の印象とはまるで逆でした。

ですがそれは、「三角関係」という状況を真面目に考えたなら、避けては通れない印象の逆転であったように思うのです。
「2人とも」などという選択は、通常ではあり得ざるものです。御都合主義的なシナリオを持つ作品であってさえも、そう多いものではありません。最終的には、どちらか1人を選ぶ必要性が生じます。
その過程において、主人公が竹を割ったようにはっきりと、一瞬の逡巡すらもなくどちらかを選択できたなら、物語は開始早々に結論を迎える事ができるでしょう。

ですが、大体の場合において、主人公がそのようにはっきりと結論を下せるというような事はありません。主人公は迷い、悩み、苦しみ、その最中で他者を傷付けたりもします。客観的に見ますと、ずるかったり卑怯だったりする訳です。

本著の田村君も、そういう主人公の1人です。
しかし彼は、最後の最後できちんと決断を下します。そして、それ以降は迷う素振りすら見せません。己の選択を信じ、前だけ見据えて進んでいくのです。真摯なその姿勢は、中盤までの不誠実さが嘘のようですらありました。

言うなれば、第1巻は主人公が振り回される物語、第2巻は主人公が振り回す物語です。
この第2巻では、コメディーの要素は薄くなってしまいましたが、その代わり三角関係については比較的真面目に描写されており、これはこれで良いものだと思えます。

本作品は、この第2巻をもって一旦は完結との事です。
続巻が出るか出ないかは著者氏にもわからないそうですので、特に期待はせずに待とうと思います。もし本当に続巻が出ましたなら、そこではきっと田村君の、そしてラブコメの真骨頂を拝む事ができるでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。