スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第3話 「偽りのクラスメイト」

こちらで視聴できます。

衝撃の邂逅で幕を閉じた前回でしたが、その後の展開はそれを超える衝撃を持っていました。
状況的にそうせざるを得なかったのでしょうし、ルルーシュの性格ならばそれをためらう事もなかったでしょう。残る壁は倫理観のみであり、それはルルーシュの目的にとっては邪魔なものでしかありません。衝撃的ではありましたが、あの展開に至ったのも必然と申せましょう。

ただ1点気になるのは、「本当にこれで終わりなのか」という事です。
そう考える根拠は、あまりにもあっけなさ過ぎるという事と、クロヴィスがOPでそれなりの扱いを受けているという事で、根拠と呼ぶには脆弱です。
ただ、もしこの後彼が生き返るような事が仮にあるとするなら、彼らがC.C.の生死を重く扱わなかった事に対するひとつの解答にはなり得ます。「生き返る事ができる」のなら、生死を問う必要性は薄まるからです。

さて、「一度使用した相手には二度と使用できない」というギアスに関してのルールですが、ルルーシュは今回において、それを知る事になりました。これでルルーシュは、現時点で公開されている限りの、ギアスに関する情報のすべてを得た事になります。
それを知る過程で犯してしまったミスは小さいものではありませんでしたが、ここはより大きな失敗を犯す前で逆によかったと考えるべきでしょう。今後はともかく、今のルルーシュにとってカレンも気の許せる相手ではないでしょうが、上手いとは言えないながらもとりあえずは誤魔化せたようですし、当座は気にする必要もなさそうです。

ただ、あれで誤魔化されてしまうカレンはどうかと思います。
よくよく考えれば、情報が前後しているという論法の矛盾に気付きそうなものですが、そこはそれ、余程動転していたという事なのでしょう。
しかしこれも、疑惑の芽を完全に抜き取れたという訳ではないと思います。いずれは育ち、ルルーシュの正体を白日の下へさらす事への一要因となってしまいそうな気がいたします。

スザクは、一難去ってまた一難と申しましょうか、助けられ、ランスロットの搭乗者に選ばれたと思ったら、その直後にあの扱いです。とにかく憐れに過ぎます。
この後どうなるかはおおよそ判明していますので、今回の展開もそのための布石と見るべきなのでしょうけれど、それにしてもあんまりですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。