スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DDD1

著者は奈須きのこ氏、イラストはこやまひろかず氏です。
TYPE-MOONの俊英2人が織り成す、新シリーズの第1巻となります。

奈須きのこ氏の作品において、「読みにくい」という感想を抱いてしまうのは、もはや避ける事のできない問題であるようです。
文章そのものの読みやすさで言えば普通なのですが、構成がやや複雑なために、理解に一手間掛かってしまうという印象です。
しかも今回は、同じような手法が1冊の中で2度使われているせいで、煩雑なうえにマンネリな印象をも抱いてしまいました。

同様の手法は、「空の境界」や「月姫」においても使われていましたので、著者氏がそれを好んでいる事はわかるのですが、あまり多用してしまうと、読者に対してマイナスイメージしか与えないと思うのです。実際、本著においてのこの点は、大きな減点対象になってしまっているように思います。

とは申せ、文章にある「読ませる」力は、本作においても健在です。
構成の煩雑さから読みにくさを感じても、読む事自体をやめる事はできないというジレンマ。
これは、奈須きのこ氏の作り出すキャラクターや世界観に、並ならぬ魅力が溢れている事に起因しているのでしょう。

また、こやまひろかず氏の描くイラストの数々も、美麗の一言に尽きます。
鬼トマトさんはひたすらに格好良く、久織氏は「瞳」に狂気を宿し、石杖妹は妖しくも美しく、そして主人公は思うさま適当っぽいです。
カバーを飾る迦遼さんに関しては、わざわざ書くまでもないでしょう。
奈須きのこ氏の文章を彩る一要素として、こやまひろかず氏の描くイラストは、この上なく相応しいと言えると思います。

まとめますと、明確な欠点は存在しているものの、持ち前の“味”によって面白いと評せるほどのものに仕上がっている、といったところでしょうか。TYPE-MOON作品のファンの方なら、問題なく楽しめると思います。
とりあえずは、2巻の発売がいつになるのかが気になりますが、早くとも数ヶ月、遅ければ一年以上先の話になると思われます。気長に待つのが得策と言えそうです。


DDD 1 (講談社BOX)
関連記事

テーマ : ライトノベル感想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。