スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコンバット5 はじめました

ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR」を始めました。
まだ途中なのですが、クリアするまでに少し時間がかかりそうですので、今の時点での感想などをかるく書いておこうと思います。

まず注目すべきは、オープニングのムービーです。
作中のシーンを繋ぎ、音楽に合わせて流すその手法は、ハリウッド映画を彷彿させます。
これがかなり格好良く、ゲームに対する期待感を嫌が応にもあおられることになります。個人的には、このオープニングだけで払ったお金の分の価値がありました。

さて、5から新たに導入されたシステムとして、「小隊システム」というものがあります。
これは文字通りに小隊を組んで戦うシステムで、主人公がその隊長となり、戦況を見つつ適宜指示を与えていくことになります。
与えられる指示の数は少なく、また小隊員の数も主人公を除けば2~3名ほどですが、前作までにはなかった「仲間と協力して戦う」という新たな楽しみを味わえるのは、本作の大きな魅力になっています。

そして、その小隊システムにも関わってくる要素として、「無線」があります。
「ミッション中に無線が飛び交う」というシステム自体は、3の時点で既に確立されていましたが、この5ではその頻度が更に増しています。音声と字幕による情報量が、前作から更に増している、ということです。
これによって、戦場においての臨場感も更に高まっており、より熱く燃える空戦を楽しむことができるようになりました。

また、作戦本部や小隊員、陸軍兵などから、無線による問い掛けがなされるようになりました。これに「はい」か「いいえ」で答えることで、ミッションの流れが変化したり、小隊員により適切な指示を与えられるようになります。ストーリーにも影響を及ぼすようです。

現在はミッション18まで進んでいるのですが、現時点でわかることはこのくらいです。
4と比べますと、操作方法はほぼ同じ、システムは少々変わり、ストーリーと演出は大きく変化した、という印象です。まだ途中ですので断言はできませんが、どちらかと言うなら、私はわかりやすく熱い5の方が好きなようです。

実は、現在別のゲームを進めていたりします。ですので、エースコンバット5は一時お休みです。進展がありましたら、また書こうと思います。

話は少しズレるのですが、欲しいと思いつつ未だ手に入れていないXbox360を購入する理由が、また1つ増えてしまいました。エースコンバット6が、360で発売されるというのです。
国内においての販売台数では、WiiやPS3に大きく遅れをとっている360ですが、オンラインコンテンツにおいては、その2つと比べても高い評価を受けていたりします。
エースコンバットで、多人数での対戦や協力プレイが可能になると想像するだけで、わくわくせずにはいられません。

4月末には北米にてエリートが発売となり、日本でも遠からず発売されることになるでしょう。早ければ秋頃には、今の通常版の価格に落ち着いたエリート構成の本体が、店頭に並ぶかもしれません。
その時がきたとして、買わずにいられるかどうかは、正直わかりません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。