スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第9話 「ヒトっていったい何ですか?」

オープニングが変わっていました。
そこにはカミナの姿がなく、代わりに今回より登場する新キャラの、ニアの姿がありました。
カミナの死を、ここで改めて思い知らされるようで、少し切ないものがあります。

さて、前述の通り、今回より新キャラの登場と相成ります。
その名はニア。彼女こそが、死んでしまったカミナに代わり、シモンを支えるポジションに立つようです。

そう、「支える」。
シモンは、カミナを「支える」キャラクターでした。
シモンはカミナを支え、そしてカミナはシモンを引っ張っていたのです。
一見カミナの方が上に見える2人の関係は、その実まったくの対等でした。あるいはそう思っていたのはカミナだけで、シモンは自らを兄貴の子分という風に思っていたかもしれません。ですが、カミナが己の欲望に忠実でいられたのは、ひとえにシモンの存在があってこそでした。
いざという時に、シモンがブレーキを掛けてくれるからこそ、カミナは常に迷いなく、全力で走り続けることができたのです。
逆に、シモンは迷うことも多かったですが、そんな時にカミナが全力で引っ張ってくれるからこそ、道をあやまたずにいられました。

ところが、ここにきてカミナがいなくなってしまいます。
シモンは支えるべき相手を、道を指し示してくれる相手を、永久に失ってしまうのです。
行き場のない力は、感情は、はけ口を求めて暴走します。それこそが自棄な言動の数々であり、果てのキラキラ嘔吐なのでしょう。

カミナの死は、シモンにとって絶望へ堕ちるに充分な出来事だったと思います。
カミナの死を自分のせいと思い込み、際限なく自分を責め続ける今のシモンにとっては、己が生きていることすら罪に思えているのかもしれません。
ですが、死んだ人間は決して生き返りません。その死を乗り越えて、シモンは生き続けていかなければならないわけです。
その乗り越えるための手助けを、恐らくはニアがするということなのでしょう。

ちなみに、エンディングにはニアが追加されていましたが、カミナの姿も残っていました。あの立ち位置だけは、文字通り、死んでも他のキャラへ譲る気はないようです。何ともカミナらしいですね。

・オマケ
ファミコン版グレンラガン
天元突破グレンラガン 空色デイズFULL
関連記事

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。