スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤×ピンク」

著者は桜庭一樹さん、イラストは「いいひと。」、「最終兵器彼女」などの作品で知られる高橋しんさんです。

赤×ピンク (ファミ通文庫)

廃校となった学校の校舎を使い、毎夜行われる非合法のキャットファイトクラブ、その名も「ガールズブラッド」。日常とはかけ離れたその舞台を軸に、この物語は綴られていきます。

本著の主人公は、3人います。
幼くかよわい外見としぐさから、庇護欲をそそられた駄目な人達の支持を集め、常に1番人気を誇るまゆ14歳(実は21歳)、ファイトをあくまでショーと考え、お客をより盛り上げる事に腐心するミーコ女王様、ボーイッシュな外見と性格で女の子にモテモテなのに、何故か女性恐怖症な空手少女、皐月。彼女達それぞれを主役に据えた3つの物語を、1冊の本にまとめたのが本著になるのです。

キャラクターありきと申しますか、主役の3人に徹底して焦点を据えた作品という印象です。舞台設定が曖昧とかいう以前に、主人公3人以外のキャラクター達には、殆ど光が当たっていません。
ですがその分、3人のキャラクターは深く掘り下げられ、濃密に描かれています。他のキャラクターを切る事は、そのために必要な犠牲であったと捉えるべきでしょう。

キャラクターありきの作品ですから、読んで面白いかどうかはそのキャラクターを好きになれるかにかかっています。ロリを筆頭に、各種属性が取り揃えられていますから、そのあたりの取っ掛かりにも事欠かないと思います。

本著は、文字が比較的大きめになっており、著者の桜庭一樹さんも元々文章の上手い作家ですので、非常に読みやすい作品となっています。読むのが早い人なら、1時間強ほどで読み終える事も可能なのではないでしょうか。
それは内容が薄いと言っているのでは勿論なく、面白さを兼ね備えた絶妙な読みやすさを持つ作品であるという事です。

ただ、「推定少女」の時にも感じた事なのですが、オチのぶつ切り感は少しいただけないかなとは思います。
「書くべきところはしっかり書くからあとは各自想像で補ってくれ」というこのスタンスは、確かに無理矢理なオチをつけて読者を興醒めさせるよりは、余程建設的と言えます。ですが、たとえ完璧でなくともオチをつけ、後日談までもっていく事を望む読者も、少なからずいるのではないでしょうか。その1人としては、そこは少し残念なポイントでした。

100点満点で評するとしますと、大体82点といったところでしょうか。
若干のクセがある作品ですので、万人にはお勧めできません。あらすじを読んで惹かれるところのあった方なら、それなり以上に楽しめるのではないかと思います。
関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤×ピンク 桜庭一樹

赤×ピンク―Sakuraba Kazuki Collection (角川文庫 さ 48-1) 装画は増田佳江。カバーデザインは鈴木成一デザイン室。ファミ通文庫刊行の再版。躁鬱が激...

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
3人のキャラクターが素敵な作品でした。

トラックバックやコメントなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。