スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら絶望先生 第1話 「さよなら絶望先生」

妙にセクシャル。
そして美麗。

オープニングに独特の雰囲気が漂っていると思いましたら、やはり担当は尾石達也氏でした。「ぱにぽにだっしゅ!」のオープニングを手掛けたことなどで有名な方です。
あのオープニングは賛否が分かれそうですが、私はアリだと思いました。挿入されるネタは、恐らく回によって変わるのでしょう。

「絶望先生」の名前は知っていても、漫画を読んだことはありませんでした。しかし、アニメ版のクオリティが、ややもすると原作漫画すら凌駕しかねない域にあるということは、観ていて察することができました。そのくらいに、レベルの高い作画です。

スタイリッシュでありながら、わずかに泥臭さを残したその構成は、アニメとしての面白さを損なうことなく、更に別種の魅力を付加することに成功しています。
私にとっての“アニメ”とは、「観る」という能動的な姿勢によって楽しむものなのですが、幾つかの作品は、「見る」という受動的な姿勢でも楽しむことができます。グラフィカルでスタイリッシュな映像によって構成される「絶望先生」もまた、その幾つかの作品の仲間入りを果たしました。

また、仕込んである小ネタに関しましても、数では「らき☆すた」などに及ばないものの、その分ネタの切れ味を増すことで、総合的な面白さでは充分に匹敵しています。
方向性が微妙に違いますので、比較するのはナンセンスかもしれませんが、第1話同士を比べた感じですと、らき☆すたよりもわずかに絶望先生が勝っているという印象でした。

ただ、この作品の真価が計られるとするなら、それは第2話以降のことになるでしょう。作画にせよ、ネタの切れ味にせよ、良いのは1回目だからという風に考えることもできるからです。
そのようなわけで、次回にこそ期待したいと思います。
関連記事

テーマ : さよなら絶望先生
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:さよなら絶望先生/第1話 さよなら絶望先生

品質評価 43 / 萌え評価 15 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 30 / シリアス評価 63 / お色気評価 24 / 総合評価 30レビュー数 316 件 第1話 さよなら絶望先生 についてのレビューです。

さよなら絶望先生 第1話「さよなら絶望先生」

よろしければ押してやってください→  

(アニメ感想) さよなら絶望先生 第1話 「さよなら絶望先生」

さよなら絶望先生 特装版1桜舞う季節・・・希望溢れる新学期の始まりに、少女は絶望に出会った・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。