スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツンデレなワンセグTVの発売が決定

【やじうまPC Watch】
「べ、別にさみしくなんかないんだからね!!」
“ツンデレワンセグ”発売決定


ツンデレボイスナビゲーション機能搭載により、「始めはツンツン、後からデレデレ」といったツンデレの定義に基づく反応を示してくれるという、画期的なワンセグTVの発売が決定したようです。
店頭予想価格は1万円台になると見られており、発売は9月下旬となる見通しだそうです。

本製品、「SEGNITY」(セグニティ)は、元々税抜き19,800円での発売が予定されており、「おもちゃとしては2万円という価格は高すぎる」などの理由から、開発が凍結されていたという過去を持ちます。
それがこの度、晴れて解消されましたようで、1万円台というよりリーズナブルな価格での提供の目処が立ち、再び日の目を見ることと相成りましたようです。



何と申しましょうか、発想が良い意味でバカっぽいです。
音声によるガイダンスを機能として取り入れた製品は、カーナビをはじめとして今や珍しいものでもなく、また音声をギミックとして取り入れたおもちゃ類も、ファービィの例を挙げるまでもなくありふれたものとなっています。
しかし、本製品のように、実用+萌え、しかもツンデレというような組み合わせで作られたのは、恐らく初めてのことではないでしょうか。

ツンデレでなくとも、たとえばガイダンス用の音声に人気の声優を起用するというような製品は、遅かれ早かれいつかは出てきていたと思いますし、実はもう出ているのかもしれません。
いずれにせよ、多くの人が知るような形で発表された最初の製品として選ばれたのが、おもちゃとして開発された“ワンセグTV”であったというのは、いささか意外でした。

と申しますか、このツンデレボイスナビゲーション機能や、今後の展開についての構想を見る限り、どのように考えましても“おもちゃ”というカテゴリーに収まる製品であるようには見えません。せめて「大人向けの」と前置く必要があります。

ですが、この機能そのものは非常に面白い試みだと思います。今後の展開として、ユーザーによるスキンのカスタマイズや、様々なキャラクター及び声優による、別バージョンのナビゲーションの配布も考えられているそうです。現時点では予定や構想の段階にある機能に過ぎませんが、実現すれば、より一層ワンセグらしからぬアイテムに仕上がりますこと必至です。

タカラトミーの中の人が、どのような想いを抱いてこの“ツンデレワンセグ”の企画を起こし、開発を進め、そして発売に至ったのかについては、浅からず興味を惹かれるところです。

「もし家電が喋ったら」というような妄想は、子供でなくとも、オタクならば誰もが抱いてしかるべきものであり、その線上にOSたんに代表されるような、擬人化キャラクター達の存在があります。
今回はワンセグTVでしたが、これを基点に流れが生じ、いつかはこの機能が当たり前に搭載される時代がくるかもしれませんし、こないかもしれません。
関連記事

テーマ : ツンデレ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。