スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハウルの動く城」を観てきました

以下に雑感を書き留めておこうと思います。
ネタバレは極力避けて書くつもりですが、意図せずそうなってしまう可能性も無いとは言い切れません。ですので、気になる方はここでブラウザを閉じるか、別のページへ移動する事をお勧めします。










まずアニメーションのクオリティですが、多くのファンの期待を裏切らない、素晴らしいものへと仕上がっています。古今東西においても、このクオリティに迫る作品はそう多くないでしょう。
ことジブリに対してだけは、この心配は必要ないのかもしれませんが。

音楽は、ジブリではおなじみの久石譲氏が担当されています。
BGMに徹しながらも確かな存在感を示すその楽曲の数々は、アニメーションと合わさる事によって至上の名曲へと昇華されています。
主題歌である「世界の約束」は、今回も相当のHitとなりそうな雰囲気です。

声優なんですが、これは良い意味で予想を裏切られました。
下馬評の悪かったハウル役の木村拓哉氏ですが、声優としての演技をしっかりとこなしており、かなり良いと感じました。
荒野の魔女役の美和明宏さんには、お見事でしたと言わせていただきます。名演技でした。
我修院達也氏の演じるカルシファーも、個性的で良かったです。

そして問題なのが、ストーリーとその構成です。
早足が過ぎるといいますか、所々が明らかに端折られてしまっており、観客が置いてけぼりを食わされてしまう場面がたびたびありました。
原作に合わせたが故に生じてしまった問題なのかとも思いましたが、ジブリは過去にも原作の存在する作品を手掛けていますし、そうした作品にはこれほどの展開の早さはなかったため、やはり構成自体が悪いのだろうと思います。
少々詰め込み過ぎだったのではないでしょうか。



総括として、この作品へ私なりの評価を下すとするなら、「良作」という事になります。
名作と賞賛するほどではありませんが、駄作と斬り捨てるほど酷くもないという、中途半端な評価です。
しかし評価というものは、時と共に移り変わるものです。例えば二度・三度と観た後ならば、今とはまったく異なった感想を持つかもしれません。ですので、現時点でそうだと断じてしまうのも、また早計であると思います。

この作品の真価は、皆さん自身の目で確かめてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。