スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

かつてはリットナー村の一村民に過ぎなかったリーロンは、シモン達との冒険の数々を経て、ついにはアークグレンのように巨大なメカを、自在に調整できるまでになりました。
それは、シモンが螺旋力の上昇によって、天井知らずに力を増していくこととよく似ています。

「螺旋力とは進化の力だ」と、ロージェノムは言っていました。そうであるなら、戦う力だけでなく、“戦うための力”、すなわちオーバーテクノロジーの遺産を完全に掌握できるほどの知識と技術もまた、螺旋力によって手に入れるに至ったと言えるのかもしれません。

さて、前回の予告にて、そうなることは明かされていましたが、実際の合体シーンの迫力は、予想を遥かに上回っていました。
合体の合言葉は、「スピンオン」。第1話冒頭にて、やさぐれ風味のシモンが発していたのと同じ言葉です。どうやらこの「スピンオン」という言葉は、グレンラガンと他のメカを合体させるキーワードであるようです。

小型ムガンの大半を、口上の余波のみでなぎ払った、圧倒的強さのグレンラガンに対し、なお苦戦を強いた巨大ムガンでしたが、アークグレンラガンの力の前には、手も足も出ないようでした。
その必殺技に打たれ、巨大ムガンは次空間の彼方へと吹き飛ばされていきました。

第1話冒頭の言葉が、ここでも出てきています。
アンチスパイラルの本隊は、銀河系の外から襲来するようですし、この物語が銀河の規模、光の速さで数万年かかる領域を舞台に戦う物語であることは、間違いないでしょう。
今のところ、亜光速航法すら登場してはいませんが、例の“次空間”は、もしかすると超光速航法に関連した要素なのかもしれません。

さて、巨大ムガンを倒しはしましたが、今度は落ちてくる月を何とかしなければなりません。むしろ、ここからが本番です。

アクシズを押し返そうとするνガンダムさながらに、月を押し返そうとするアークグレンラガンでしたが、直径だけでも数百倍はあろうかという巨大なその物体は、アークグレンラガンの力をもってしても、落下の勢いを弱める気配すらありませんでした。

そこで、気絶状態から覚醒したロージェノムが、グレンラガンのギガドリルによって、月が操作可能になることを明かします。
アークグレンラガンの操縦をギミーとダリーの2人に任せ、シモンとヴィラルは、月のコントロールを奪うために、一路掘り進んで行くのです。

果たして、その場所はありました。シモンが、いざドリルで貫かんとしたその時、あの人物が現れます。

その人物は、シモンの愛する女性の姿をして、絶望を謳い上げます。
貴方達に未来は無いと、あるのは絶対的絶望のみであると、繰り返し告げ続けます。
発端となった小型ムガンの来襲も、落ちてくる月も、宇宙で待ち受けていたムガンの大軍勢も、すべてはシモン達螺旋族に絶対的絶望を味わわせ、そのうえで全滅させるためだったと、そう言うのです。

ですが、それをシモンは否定します。ニア自身がそう言っているのにもかかわらず、違うと断言します。
思えばニアは、いつもシモンに決断を迫っていました。「戦って私を倒すか、それとも私に倒されるか」と。シモンはそれに応えられないかのように見えていましたが、違ったのです。

シモンだけが気付いていました。左手に光る、指輪の存在に。ニアの発していた、「私を助けて」という第3の選択肢に。
その事実を突き付けることで、ついにニアの心を溶かすのです。
月はシモン達によって掌握され、かつてロージェノムが駆った超巨大戦艦、カテドラル・テラへと姿を変えました。月の激突は、回避されたのです。

しかし、ニアの身体はアンチスパイラルに捕らわれたままです。
人類殲滅作戦が失敗に終わったことにより、今度はアンチスパイラルの本隊が、銀河系の彼方にあるその本星より進軍してくると、ニアは告げます。そしてニア自身は、地球の螺旋族のデータを得るために、本星へ召喚されると言うのです。

「アンチスパイラルを倒せば、お前は元に戻るのか」というシモンの問いに、「可能性は限りなくゼロに等しい」と応えるニア。
ですが、我らがグレン団のリーダーは、絶対に諦めず、最後の最後まで踏ん張ることで、勝利を得てきた男です。

「可能性が少しでもあるのなら、俺にとってそれは100%と同じことだ。俺を誰だと思ってる」

こんな自信に満ち溢れた台詞で、必ず助けに行くと告げるのです。格好良いことこの上ありません。
そりゃあ、ニアの心の闇も晴れようというものです。

かくして、アンチスパイラルの人類殲滅作戦、月の激突、ムガンによる大攻勢は失敗に終わり、地球は束の間の平和を得ることとなりました。
この物語の第3部もこれにて終了し、次回からはいよいよ第4部へと入っていきます。

次回、「行くぞ最後の戦いだ」。タイトルコールは、勿論あの人です。
ロシウの救済と、そしてシモンが変貌していく過程が描かれることになるようです。
そういえば、月が変形した超巨大戦艦カテドラル・テラは、第1話冒頭のあの戦艦と酷似していました。幾つかのキーワードの登場もありましたし、第1話冒頭と重なる時が、刻一刻と近付いているようです。
関連記事

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第22話「それが僕の最後の義務だ」

品質評価 24 / 萌え評価 13 / 燃え評価 49 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 11 / お色気評価 2 / 総合評価 20レビュー数 137 件 宇宙へ脱出したアークグレンを、軌道上で襲うムガンの大編隊。ギミーたちグラパール隊の奮戦もむなしく、アークグレンの損害は増大していく。ア

【グレンラガン】ニアのillustと22話〔それが僕の最後の義務だ〕感想

〔天元突破グレンラガン〕22話、〔それが僕の最後の義務だ〕。凄いね。泣いて切なくなって、良い意味で感情が抑えきれなくなって、鼻水が止まらなくなって仕舞いました。ヴィラルとシモンの同乗しているグレンラガンが、アークグレンを助けに行きます。〔アーク〕って、奇..

天元突破グレンラガン 第22話 それが僕の最後の義務だ 

熱いぜグレンラガン!!そして何が面白いかって、ヴィラルがノリノリだって事ですよwww

天元突破グレンラガン第22話「それが僕の最後の義務だ」

ジャイロ効果についての天才リーロンの一人語りから物語は始まる…「来たわね!その天の先に何があるのか、早く見せて頂戴!」グレンラガン、名乗りの衝撃波で小型ムガンの半数を撃破ってw後続のグレン団はアークグレン守りつつ、小型ムガンを壊滅させてるし、本当に

天元突破 グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」観賞~( ゚∀゚)=3

のた打ち回るほどの超展開につぐ超展開!!!!( ゚∀゚)o彡゚ 第22話を観賞しました~^^

天元突破グレンラガン 第22話 それが僕の最後の義務だ 

熱いぜグレンラガン!!そして何が面白いかって、ヴィラルがノリノリだって事ですよwww

天元突破グレンラガン 第22話「それが僕の最後の義務だ」

怒涛合体!

天元突破グレンラガン 第22話 『それが僕の最後の義務だ』

「迎えに来てくれるのですか…?」可能性がゼロじゃないなら100%と同じだ、って言ってくれたシモンに惚れる…!!久しぶりにニアの言葉が聞けて、うっかり泣きそうになったんだゼ…。グレンラガンがアークグ

天元突破グレンラガン 第22話「これが僕の最後の義務だ」

 いやってくれる!!! 「アークグレンラガン」という単語を先週予告の時点でネタバレしてしまっていることが、全然気にならないぐらいの怒濤の進行!つーか、月に顔が浮き出た時の、あの衝撃よ!「え?!顔アリ?!

★天元突破グレンラガン 第22話「それが僕の最後の義務だ」

【公式】さてさて、降って来る月

天元突破グレンラガン第22話それが僕の最後の義務だ

「天元突破グレンラガン第22話それが僕の最後の義務だ」「第三部完ッ!!」「銀河も定めも突破して」「命の叫びが銀河に響くッ」『怒涛合体!アークグレンラガンッ!!』「…なに、朝からこのテンションは」「唸れ!今、必殺の…」「時空裂弾バーストスピニングパンチッ!..

天元突破グレンラガン 第22話「それが僕の最後の義務だ」

秊 「たのもしい幼稚園」だかで見たZFマジンガーXの設定まんまに、グレンラガンが操縦するアークグレンラガンが笑った。 先のパロディは、強さもインフレ起こすとここまで行っちゃうよ、という皮肉でもあるのですが、グレンラガンは更にこの上を突き抜けて

[アニメ『天元突破グレンラガン』]『天元突破グレンラガン 第22話』

『天元突破グレンラガン』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第22話 『それが僕の最後の義務だ』。 ストーリーは…。 宇宙へ脱出したアークグレ

天元突破グレンラガン 22話「それが僕の最後の義務だ」

『宇宙へ脱出したアークグレンを、軌道上で襲うムガンの大編隊。ギミーたちグラパール隊の奮戦もむなしく、アークグレンの損害は増大していく。アークグレンのクルーが絶望のふちに立たされたそのとき、ブリッジに響くシモ

天元突破グレンラガン 第22話『それが僕の最後の義務だ』ニア中心レビュー。

天元突破グレンラガン 第22話『それが僕の最後の義務だ』。ぇえと…いつもの通り主軸は端折りニアだけを中心にレビュします。(えニア「シモン…わたしはここよ…お願い…助けて…」ニアの心の声(;-;) 少し泣い

天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

「天元突破グレンラガン」第22話 感想

超熱い展開のグレンラガン第22話、熱すぎて涙出そうでしたO(≧∇≦)Oグレンラガンスゲー!シモンとヴィラルの口上の後発せられた衝撃波だけで小型ムガンの半数を撃破!さらにグレン団の旧ガンメンの攻撃で小型ムガンもほぼ全滅!!グレン団とグラパール隊の力の差は気....

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

天元突破グレンラガン 3その時、グレンラガンが現れた!!暗黒の宇宙に現れた救いの光・・・そして人々は希望を取り戻した・・・。

天元突破グレンラガン 第22話「それが僕の最後の義務だ」

シモンとヴィラルが手を組むといった超絶熱血展開の幕開けですよ。放送前からワクワクしながら正座してたぜ!(えグレンラガンがますます強くなっていく!次々と新しい必殺技が出てきてますね。どれもかっけ

天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

天元突破グレンラガン  現時点での評価:3.5~  [ロボット ドリル]  テレビ東京系 : 04/01 08:30~  監督 : 今石洋之  シリーズ構成 : 中島かずき  キャラデザ : 錦織敦史  メカデザ : 吉成曜  アニメ制作 : GAINAX  全26話  ....

天元突破グレンラガン 第22話 それが僕の最後の義務だ

中の人間をシェイクしまくり;《SEO:ヴィラル ヨーコ グレンラガン レビュー 感想 第22話》

天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

シモン、ヴィラル、アークグレンラガン・・・何この熱いアイキャッチは^^壁紙にしたいですよw

天元突破グレンラガン 第22話

「それが僕の最後の義務だ」 ロシウえらい! といきなりロシウ称賛から 俺ってひね

天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」

シモンとヴィラルの宿命を超えたグレンラガンの力は、ムガン郡を蹴散らし。アークグレンとの合体までも可能とし、時空間までをも貫く!落ちてくる月――絶対的絶望を押し返そうとするシモン。激突1分前がきたら離

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。