スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ最後の戦いだ」

第3部では、打つ手の悉くが裏目に出てしまい、結果として人類を滅亡の危機に晒してしまったロシウ。それは彼だけの責任ではなく、むしろ彼はシモンと同じくらいに人類の未来を案じ、それゆえに打った策の数々であったわけで、周囲もそれを理解しており、そのことで彼を責める者などいませんでした。

ですが、周囲の者が納得しても、それで本人も納得できるというわけではありません。責任感の強いロシウは、生まれ故郷の村で1人、自らの失策の罪を贖おうとしていました。

その気持ちは、かつて自分を導いてくれた司祭様と再会し、言葉を交わしても揺らぐことがないほど、強く固められていました。
ロシウの様子がおかしいことを察知していたキノンと共に、グレンラガンを駆ってロシウを探し回るシモンでしたが、地上はあまりに広大であり、アダイ村にいるだろうことを察した時には、既にグレンラガンのスピードをもってしても、間に合わなくなっていました。

そこで、カテドラル・テラに異変が起こります。大螺旋コンピューターやメインエンジンを含む、すべての螺旋システムが、システム構築の前だというのに、突如としてフル稼働を始めたのです。
それは、「ロシウの元へ!」と強く願う、シモンとキノンの想いが、時空に風穴を開けようとしたがゆえに起こったことでした。
ロージェノムの言うところの『螺旋界認識転移システム』を知らず利用し、時間を超え空間を超え、グレンラガンごとロシウの眼前に飛び出したシモンは、拳を固く強く握りしめ、力一杯ロシウをぶん殴ります。

それはかつて、シモンが受けた拳でもありました。
シモンが迷った時、その拳は強く頬を打ち、迷いも不安も一度に吹き飛ばしてくれたのです。そして、吹き飛ばすのはそれだけではありませんでした。

シモンは言います。
「人はみんな、間違いを犯す。当たり前だ。
でもな、間違ったら誰かに、ぶん殴られりゃいいんだ。
自分で自分を罰する必要なんかないんだ」と。
過ちを罪と思うのはいい、でもそれで自分を罰するようなことはするな、お前が間違えたら、俺が殴ってやると、そう言ってロシウを説き伏せます。

そして、「来い、ロシウ。お前が必要だ」と、手を差し伸べます。ロシウはそれを、戸惑いながらもしっかりと、掴み返すのでした。

ロシウは、旅立ちの前にただ1人、キノンにだけ言葉を送っていました。

「自分1人でやれると思うな。周りと一緒に仕事をしていってほしい。君ならできる。僕から言えるのはそれだけだ。今まで、ありがとう。
キノン、君の友情に感謝する」

友情。
聡明なロシウのことです。キノンが自分に対して抱いている感情に、気付かなかったはずはありません。
だからこそ、あえてそう書いたのでしょう。未練を持たせないために。

ですがそれは、受ける側のことをまるで無視した考え方です。キノンが負った心の傷がどれほど深かったかは、想像に難くありません。
辛うじて間に合い、生きているロシウを目の当たりにしたキノンは、それまでの冷徹さをかなぐり捨てるかのように、泣きながらロシウにぶつかっていきます。そしてロシウはそれを受けとめ、自らの短慮を悔いたのです。

救える限りのみを救い、残りは見捨てざるを得ないとしたロシウは、グレンの座席でキノンを膝に抱き、人1人の重みを改めて感じていました。
彼が間違うことは、もう二度とありません。
仮にあったとしても、その時はグレン団の不撓不屈の鬼リーダーが、必ず殴りに来て、それを正してくれるでしょう。

さて、アンチスパイラルの本星へと召喚されたニアでしたが、連れて行かれたのはニアだけではありませんでした。その指輪も一緒に、本星へと転移していたのです。
これが何を意味するのかと申しますと、「観測するまでは不確定」という量子論において、確定へと促す鍵となるのです。

アンチスパイラルも、元は螺旋族でした。
しかし彼らは、増大を続ける螺旋力に恐れを抱き、いずれは宇宙を滅ぼし『スパイラルネメシス』へと誘うだろうその力を、反逆という形で攻め滅ぼそうとしたのです。
彼らは、その母星を巧妙に隠すことで、螺旋族の攻撃から守り通していました。その結果、螺旋族は攻勢に出ることができず、敗退するに至ったのです。

その隠された本星への扉が、ニアの指輪を鍵として、ついに開こうとしています。
次回第24話、「忘れるものかこの一分一秒を」。
カテドラル・テラ改め超銀河ダイグレンを駆り、地球を守るため、そしてニアを救い出すために、皆でアンチスパイラル本星へと向かいます。

全員服装も新たになりましたが、特にシモンは、第1話冒頭の姿へとついに至りました。口調がまだ変わっていないようですので、そのきっかけはこれから訪れるのでしょう。
苛烈を極めることが予想されるこの戦い、心根の優しいシモンをやさぐれさせてしまうほどの、一体どんなことが起こるのでしょう。楽しみな反面、ひどく不安でもあります。
関連記事

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第23話「行くぞ 最後の戦いだ」

品質評価 31 / 萌え評価 15 / 燃え評価 19 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 28 / お色気評価 11 / 総合評価 19レビュー数 142 件 圧倒的なアンチスパイラルの猛攻を防ぎきり、逆転勝利を収めた大グレン団。 その勝利の余韻も覚めやらぬまま、アンチスパイラルの本拠地探...

天元突破 グレンラガン 第23話 「行くぞ最後の戦いだ」観賞~^^

俺たちの戦いはこれからだ!!GAINAX先生の次回作にご期待ください!!\(^O^)/第23話を観賞しました~^^

天元突破グレンラガン 第23話 行くぞ 最後の戦いだ

 クライマックスまでノンストップだぜ!!  ニア待っててくれ!!

天元突破 グレンラガン 第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」 感想

さて、今週のグレンラガン感想です。 ヴィラルが本格的に仲間になりました。 更に、リーロンの現状解説。 でも大グレン団の反応はというと・・・ わけがわからんようです。 でも、リーロンが噛み砕いて説明するとみんな納得できるようです。 やっぱこのアニメ

「天元突破グレンラガン」23話 行くぞ 最後の戦いだ

いよいよ第4部開始。ロシウ編の後始末と出発するまでの話だった。ロシウの立場はかなり苦しい立場で苦渋の決断をせざる得なかったかもしれないけど自殺することはないよな。別にロシウに問題がありすぎたという流れ

天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」

カテドラル・テラ改め超銀河大グレン。

天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」

司祭様再登場。故郷を訪れたロシウと話をしながら、5話で渡したあの本について触れる。18話越しの伏線がようやく拾われる事に・・・アンチ・スパイラルの秘密でも書かれてるのかと思いきや・・・内容は全くのデタラメだそうで。文明が進歩すれば、お宝も実は価値の無い..

天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」

歯ぁ食いしばれぇぇぇ!!

天元突破グレンラガン第23話行くぞ最後の戦いだ

「ふぇぇぇぇっ!?」「二重の極み!!」「・・・・・・・・」「なな、ちょっとロシウが可哀想なGIFじゃないですか」「気にしない気にしない…」「今回のロシウの見せ場なんだし」「…天元突破グレンラガン第23話行くぞ最後の戦いだ」「螺旋力で空間転移したり何でもあり...

★天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」

【公式】超銀河大グレン、かっけ

天元突破グレンラガン 23話「行くぞ 最後の戦いだ」

今回はロシウのフォロー回。自分のやってきたことを全てひっくり返されたロシウはどうするのか。そして、かって政治判断で投獄したシモンとの関係は?第4部のグレン団のコスチュームは別の意味で必見。※

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」

天元突破グレンラガン 3圧倒的なアンチスパイラルの猛攻を防ぎきり、逆転勝利を収めた大グレン団。その勝利の余韻も覚めやらぬまま、アンチスパイラルの本拠地探索を開始する。そのころ、ロシウは一人、生まれ故郷であるアダイ村に現れていた・・・。

天元突破グレンラガン 第23話『行くぞ 最後の戦いだ』レビュー。

ニアちゃん登場ナッシン…。ロシウはたくさんの命を犠牲にしようとした自分を罰するため故郷へ―それを止めようと追いかけるシモンの熱い思いで何故かワープw。シモン「歯ぁあ!!食いしばれええぇええ!!

天元突破グレンラガン 第23話

「行くぞ 最後の戦いだ」 今週もテンション上がりまくりでしたヽ(`Д´)ノ ロシ

天元突破グレンラガン 23話「行くぞ最後の戦いだ」

『圧倒的なアンチスパイラルの猛攻を防ぎきり、逆転勝利を収めた大グレン団。その勝利の余韻も覚めやらぬまま、アンチスパイラルの本拠地探索を開始する。そのころ、ロシウは一人、生まれ故郷であるアダイ村に現れて

「天元突破グレンラガン」第23話 感想

第4部初回の第23話「行くぞ 最後の戦いだ」は、前回の戦いから次の最終決戦へのインターミッション的な回。メインはロシウの贖罪。正式に大グレン団のメンバーになるヴィラル。キタンの言うとおり本当にしおらしい(^^; これでヴィラルの萌えポイント上昇か!?(笑)...

[アニメ『天元突破グレンラガン』]『天元突破グレンラガン 第23話』

『天元突破グレンラガン』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第23話 『行くぞ 最後の戦いだ』。 ストーリーは…。 圧倒的なアンチスパイラルの

天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」

月落下阻止から1週間が経過。ヴィラルも正式に仲間入りです。過去のことをいっさい気にしないところはさすがwリーロンの説明は誰一人理解できてませんよ(^^;ヴィラルまでwwヨーコはわかるんだろうけど、

天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」

★★★★★★★★☆☆(8.5) 要は「恋」と「気合」です。これこそがグレンラガンのテーマ。実にわかりやすい。ようやくロシウのドラマにも決着がついて、これからさらに単純明快になっていくんでしょう。前

天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」

最終決戦に向けて会議を行うグレン団。どのキャラも清清しくなりすぎだぜ!一方、ロシウはかつて自分が過ごしたアダイ村に向かう。聖典は何かのフラグかと思ってたらただの悪戯だったのか(笑)村長さん

天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ 最後の戦いだ」

天元突破グレンラガン  現時点での評価:3.5~  [ロボット ドリル]  テレビ東京系 : 04/01 08:30~  監督 : 今石洋之  シリーズ構成 : 中島かずき  キャラデザ : 錦織敦史  メカデザ : 吉成曜  アニメ制作 : GAINAX  全26話  ....

天元突破グレンラガン 第23話 『行くぞ 最後の戦いだ』

ワープした━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!「螺旋界認識転移システム」っていう名前みたいだけど、想った対象のもとへ転移できるとはwま、ロージェノムの説明だけだと、何言ってるのか分からない人がいっぱいいましたけど

天元突破グレンラガン 第23話 行くぞ 最後の戦いだ

コスプレ大会でしたヾ( ̄∇ ̄=ノ《SEO:ヴィラル ヨーコ グレンラガン レビュー 感想 第23話》

天元突破グレンラガン 第23話「行くぞ 最後の戦いだ」

月落下を阻止した大グレン団。しかしニアは敵本拠地に召喚されたまま。アンチスパイラル本拠地を叩くため捜索が始まる…。いっぽう、ロシウは故郷アダイ村を訪ねていた…自分の罪を償うために――。サブタイが

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。