スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天元突破グレンラガン1」を読みました

著者は砂山蔵澄さん、イラストは品川宏樹さんです。
アニメの方の脚本を手掛ける中島かずきさんが監修しています。

天元突破グレンラガン 1

TVアニメのノベライズ版であり、第1話から第8話までが綴られています。表紙には何故かニアの姿がありますが、本著には登場しません。

キャラクターもストーリー展開も、良くも悪くもアニメそのままの構成で、オリジナルの要素は僅かしかありません。そのため、意外性を期待して読むと、がっかりすることになると思われます。

かといって、ノベルとして特に優れているわけでも面白いわけでもなく、やはり原作アニメのファン向けのアイテムという印象です。
原作アニメでは無かった説明や、登場しなかった単語がちらほら出てきますので、アニメを補完するという意味では、読む価値があると思います。

逆にそれ以外、アニメのグレンラガンを知らないけど小説を読んでみようという場合、面白いと感じるかはちょっと疑問です。
あえて言います。第8話における例の名シーンですが、本著のそれは、アニメと比して圧倒的に低レベルです。

元々、面白さという点においては、活字がアニメの上を行くことは、そう多くありません。しかし絶対というわけではありませんし、並ぶくらいに面白くなることも少なくないのです。
このグレンラガンのシナリオそのものは抜群に面白いのですから、料理の仕方次第でもっとずっと面白くできたはずです。

そうして考えますと、本著はちょっとダメかな、という感じです。
とはいえ、著者氏にとっては、これが小説初挑戦とのことですので、ある程度のダメさは仕方がないのかもしれません。むしろ、伸びしろがまだ沢山残っていると、ポジティブに考えることもできます。

そのようなわけで、第2巻以降に期待したいと思います。
関連記事

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。