スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C3 -シーキューブ-

Cube×CurseS×Curious。
著者は水瀬葉月さん、イラストはさそりがためさんです。

C3 -シーキューブ-

中盤を過ぎた頃までは、正直に申しまして、凡庸という印象でした。設定も世界観も取り立てて目新しいものでもなく、「ぼくと魔女式アポカリプス」を一旦置いて、わざわざ新シリーズを開始してまで書くべき内容とは思えなかったのです。
しかし、その印象は終盤へ至って覆ることとなります。

死闘を繰り広げている場所へ、何の力も持たない一般人がのこのこ近付いていけば、大抵は巻き添えを喰って殺されてしまいます。彼女もまた、そうなるはずでした。そうなるものと思っていました。

ですが結果は、あの通りです。
意外ではありましたが、では何故意外に思ったのかと申しますと、それは「ボクと魔女式アポカリプス」のイメージを引きずっていたからに他なりません。かの作品であれば、彼女はあの場所で、無惨に殺されてしまっていたでしょう。

なるほど、「白水瀬と黒水瀬の融合した、灰色ならぬ銀水瀬」というのは、言い得て妙です。死ぬだろうと思ったところで死なないのは、ちょっとした驚きでした。
そして、ここでの驚きが、本著を凡庸の一言で片付けさせなかった主要因です。

とは申せ、その驚きと、本著が単一の作品として面白いかということは、別の問題です。その点で言えば、本著の評価はかなり微妙な感じになります。

と言いますのは、本著は続巻を強く意識した構成となっており、本巻ではそのさわりの部分、世界設定と、登場キャラクターの紹介程度しかなされていません。肝となるストーリーを評価する段階に、まず達していないのです。
そのため、本著を評するならば、ストーリー以外の別の部分に着目する形になります。

本作品は、美少女、呪い、姉、妹、巨乳、貧乳、眼鏡、委員長と、萌え属性に関しては多方面に対応しており、広い需要をカバーできるものと思われます。
また、作者的には微エロなのだそうですが、私には普通にエロく感じられました。

実際にどの程度かという問いには、表紙を御覧下さいとお答えいたします。
白と水色の縞々パンツ、しかも紐。それに加えて黒のニーソックス。
どなたの趣味かは存じませんが、なかなかにツボを弁えていらっしゃいます。これが、本著のヒロインです。

更に申しますと、実際の本にはオビが付いており、パンツのところがうまく隠れるようになっています。
これをやろうと思った人、著者氏かイラスト担当の方かはわかりませんが、並の変態ではありません。「隠した状態こそが最もエロい」という世の真理を、深く理解していらっしゃいます。

そして極め付きなのが、エピローグの主人公とヒロインのやり取りです。
もう完全に、エロゲーの世界です。
一応オチはあるのですが、「元の姿で一番大事な部分を触られるというのは、人間体での一番大事な部分を触られるのと同じようなもの」というこのはさんの説明によって、オチの意味も微妙に無くなってしまっています。
これが著者、水瀬葉月さんにとっての微エロなのです。本気を出したら、一体どのようなことになってしまうのでしょう。もはや想像もできません。

簡単にまとめますと、サプライズがあり、萌え萌えで、微エロ(?)な物語という風になります。
総評としては良作、中の中といったところでしょうか。
私の大好きなマンガ作品の中に、手塚治虫先生の「どろろ」があるのですが、本著のヒロインのフィアの設定には、それを思い起こさせるものがあります。
深い余韻の残る、強烈なラストを飾った、かの名作マンガ。それとよく似た設定を持つこのライトノベル作品が、それをどのように料理してくれるのか、以後の展開に期待したいと思います。
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[現代異能バトル][ラノベ]C3−シーキューブ−

C3-シーキューブ (電撃文庫 み 7-7) 作者: 水瀬葉月 出版社/メーカー: メディアワークス 発売日: 2007/09/10 メディア: 文庫 「エロ萌え多いけど、さりげなくダークだのう」 と思った新シリーズです。  最初のころは、どこにでもあるハーレム的なライトノベルものなんです

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。