スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽてまよ 第12話 「ぽて24・花」

いい最終回でした。

素直の過去が、夢という形で語られます。
森山一家は、温暖な気候帯のとある島へ来ていました。皇大の仕事の現地スタッフを務めるモリオも一緒です。

素直の母の未来は、その頃既に病を患っており、臥せることが多くなっていました。
遠い異国の地での素直の遊び相手は、モリオが勤めてくれています。日本語の勉強をする素直に、モリオは「ママさんに手紙書くといい」と提案します。

その提案に従って、素直は母への手紙をしたためます。
それを読んで、喜びを隠せない未来は、陰でこっそりと様子を見ていたつもりの素直を呼び寄せ、「読んで聞かせて♪」と、かなり恥ずかしい要求を。

恥ずかしがりつつも、それを実行する素直。
別離という名の暗い影が差し迫っていることなど微塵も感じさせない、それはごく普通の幸せな母子の姿でした。

治療に専念するために、皇大を残して日本へと帰国する未来と素直。モリオは別れ際に、「ぼっちゃん、手紙書いてね。モリオも書く。必ず、書くからね」と言葉を残し、その通りに手紙を書いてくれました。

一度は病床に臥せる母の隣で読んだ、その手紙。
忙しさのせいで返事が遅れたことを詫び、距離が遠くて会えないことを嘆きつつも、「ぼっちゃんが教えてくれたこと、ずっと覚えてる。ずっと残ってく。だから、寂しくない」と締めくくられたその文面を、今度は火葬場で読む素直。
死に目に間に合わなかった皇大へ、怒りをあらわにするでもなく、悲しみをぶつけるでもなく、ただ淡々と言葉に従う素直を、周囲はしっかりした子だと評します。

ですが、父である皇大は、息子が無理をしてそう見せていることに気付いていました。本当は、年相応に泣いたり笑ったりしたがっているということを、わかっていました。
皇大が、素直に対し、まるで同年代の子供のように接するのは、そのあたりに原因があるのではないでしょうか。年相応に子供らしくありたいと願った時にそう出来なかった素直が、少しでも本音をさらけ出せるようにと、あえてあのようにふざけた態度を取っていたのかもしれません。

そこで目を覚ます皇大。目覚ましのコーヒーはなく、代わりにフライングエルボードロップを顔面に浴びせられます。
「ほんと昔から肝心な時に間に合わない奴だよな」と、怒りをあらわに発せられた素直の言葉に、鼻血を流しながらも同じ夢を見ていたことに気付く皇大。

かつては言いたくても言えなかったその言葉を、今、この時に。
母の愛に優しさを育まれ、父の想いに年相応の子供らしさを与えられ、素直は立派に成長しました。この両親の愛情の深さには、本当に頭が下がります。

ここまでがAパートです。最終回だけあって、内容がかなり濃いです。
Bパートでは、一転していつも通りの「ぽてまよ」に戻り、シュールなギャグをテンポ良く展開していきます。

と思いきや、ぽてまよとぐちゅ子に異変が起こります。
頭頂部の花が満開になり、空中に浮かび上がるぽてまよとぐちゅ子。
さよならを告げるかのような微笑みとおじぎを残して、花を一気に散らし、落ちてくるぽてまよとぐちゅ子。その顔は、まるで死んでいるかのように安らかでした。

普段、友人の前でも滅多に感情を表へ出さない素直が、この時ばかりは人目もはばからずに涙を流します。
素直の頭を母親のように抱いて、共に涙を流すみかん。珍しく空気を読む哉純。言葉もなく膝を折るむったん。
なんという欝展開、そう思ったその時、とりが思わぬ行動に出ます。

素直とみかんとぽてまよの周囲を、魔法でもかけるかのようにぐるぐる周り、ぽてまよのお腹の上をトランポリンのように跳ねるとり。すると、あれだけ揺り動かしても微動だにしなかったぽてまよが、なんと目を覚まし、素直に微笑みかけたではありませんか。

不思議な生き物だと思ってはいましたが、なるほど確かにとりは超常の生物であったようです。神話や伝説にのみ残されていた不死鳥の姿が、よもやこんなところにあろうとは、かの手塚治虫先生も予想だにしなかったことでしょう。

その後は何故か宴会となり、登場キャラクター全員が一同に会し、飲めや歌えの大騒ぎになります。ぐちゅ子も無事に復活を果たしましたようで、何よりなのですが、具体的な描写が無かったので、どのようにして生き返ったのか不明です。
もし、ぐちゅ子もとりに小突かれて目覚めたのなら、あるいは本当にとりは不死鳥の化身なのかもしれませんが、まさかそんなことはありませんよね。

宴会が終わり、皆が帰った後、森山一家はその後片付けをしていました。
燃えるゴミ置き場がわからない皇大の道案内をぽてまよに頼み、ふと床を見た素直は、そこに異質なモノを発見します。

何かのタネ。
奇しくもそれは、とりがぽてまよの頭頂部からほじくり出したものでした。
素直はそれを意に介することもなく、ゴミ箱へと放り捨てます。

次の日の朝。
股間のあたりに違和感を覚えた素直が、布団を剥いだそこに見たものは、黒くウサギのような耳に、やたら大きな黒い目を持つ、奇怪なモノの姿。それは、のちにたまチーと呼ばれることになる、新たな不思議生物です。

京のところでも同じように、のちにまめと呼ばれることになる不思議生物が誕生していました。ただし、外見はどうみても幼い女の子で、たまチーとは似ても似つきません。そして、そんな可愛い外見をしているにもかかわらず、実は男の子なのだそうです。なんと恐ろしい…

今回の最後の方で、ぽてまよとぐちゅ子の花の方へ焦点が傾いてしまい、素直とみかんの話が曖昧なまま終わってしまったのは、恐らくは時間が足りなかったのだろうと理解はできますが、惜しいポイントでした。できればそこは、しっかりと描写して欲しかったです。

あと、森山未来役の井上喜久子さんは、本当にいい仕事をなさっていました。未来役が彼女でなければ、ここまでいい最終回にはならなかったかもしれません。
母親役をあれほど可愛く、愛らしく演じられるのは、数多の声優さんの中でも、永遠の17歳たる彼女をおいて他にはいないでしょう。半ば本気でそう思わせられるほどの、屈指の名演技でした。



これで、おしまいです。
長いようで短い3ヶ月、全12話、全24のエピソードでした。

簡単にですが、総評を。
熱狂できるような作風ではありませんが、作りは丁寧で、全体的に質は良かったです。シュールなギャグを好む人には、特にお勧めできます。
放送局の少なさゆえか、観ている人自体が少ないようで、とても残念です。全国ネットで放送されれば、かなりの評価を集められたであろう、不遇の良作だと思います。

第二期は恐らく無いと思いますが、原作マンガやDVDの売れ行き次第では、実現するかもしれません。正直に申しますと、「らき☆すた」より面白いと思っていた作品でしたので、可能であれば、是非実現して欲しいです。

以上です。
お疲れさまでした。
関連記事

テーマ : ぽてまよ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ぽてまよ】素直&ぽてのillustと12話〔ぽて24:花〕と総括

〔ぽてまよ〕12話〔ぽて24:花〕。サブタイトルの背景が鮮やかなハイビスカス。いつもと違う匂い。近くて遠い昔の事。素直君がまだ父と母と一緒にいた頃の話。全体的に白い背景で夢の様な感じの絵。最終回にしてモリオと云う新キャラが登場。現地でのお父さんのお仕事と私...

レビュー・評価:ぽてまよ/第12回 ぽて24「花」

品質評価 59 / 萌え評価 41 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 22 / お色気評価 7 / 総合評価 24レビュー数 77 件 第12回 ぽて24「花」のレビューです。

ぽてまよ ぽて24(最終話) 花

私の流した涙を返してくれ!! 花が散ってマジで天に召されるのかと思ったよ…。 この時点で目のダム決壊。 その後の緊張感の無さに今度は笑いがこみ上げてきた(笑) 最後までこれがぽてまよクオリティーなんだなって思

ぽてまよ 第12話

涙、涙の最終回

07月新規他アニメ感想 総合 12週目02 スカイガールズ ぽてまよ バッカーノ

 今週で最終回のものもありますが、基本継続!  スカイガールズ  ぽてまよ  バッカーノ  ほ感想です!  とりあえずスカイガールズの感想のみ書きました!他はまた後で

ぽてまよ第12話「花」【最終話】

ぽてまよもとうとう終わっちゃいました。 癒し系アニメとしてはなかなかの出来だったと思いますがね^^ まぁ、某School Daysやひぐらし解のように放送中止になるような事がなくて良か...

ぽてまよ #12(最終話)「花」

鎌とか出血とかありますが、こんな素晴らしいアニメだってあります。 花が咲いて、散って、そして・・・実は毎週本当に楽しみだった作品、ついに最終回です。 ではぽてまよ最終回...

[終]ぽてまよ #12「花」感想

このアニメも最終回 お母さんが元気だ(ノ∀`) もりお、つっぱりつえぇぇww もりおの手紙を受け取るのが母さんの火葬場ですか これは泣ける むったんが背負ってるのって石だったのかw ぽてまよの頭の花がついに満開 空に浮いた後 花が盛大に散っていった ...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。