スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第6話解放版 「見てえものは見てえんだ!!」

「男の道とはなんだ、シモン?
山あり谷ありロマンありだろ。
お前はまだ、本当の山を見ちゃいないんだぜ。
…肩までじゃなぁ。
なぁ! 見たくないかい? 美しい山や、きわどい谷をよ!」


かっこいいアニキ


真面目な顔をして、格好良いことを言っているように見えますが、要は覗きがしたいわけです。
さすがはアニキ、女湯を覗こうという時にさえ熱いです。いえむしろ、覗きだからこそ熱いのかもしれません。


大人の事情によって、急遽差し替えとなったTV版第6話「てめえら全員湯あたりしやがれ!!」。
DVD第3巻では、その幻の第6話、「見てえもんは見てえんだ!!」が、TV版第6話と共に収録されています。
「解放版」なる前置きが目を惹くこの裏第6話、ストーリーの中心になりますのは、そのものずばり「覗き」であります。


Aパート

Aパートでは大した変化もなく、TV放送版と同じ展開をなぞっていきます。
そういえば、ココ爺の初登場もこの回でしたね。


拗ねるヨーコ

拗ねるヨーコは可愛いです。


そして、Bパート。
ここから変化が出てきます。


「あぁっ! ちょっと~、変なとこ触るのやめてよ」
「だってヨーコの胸触りがいがありそうなんだも~ん」
「えぇっ? キヨウには負けるよぉ」
「ん~、ヨーコはカタチが良いのよ♪」
「いいなぁ2人とも。オレなんかこんなだぜ~」
「ねぇねぇ、ダリーはぁ?」
「大丈夫よ。ダリーちゃんは、これからボンボン大きくなるんだから」
「ぼんぼん?」
「そうそう、ボンボンふくらんで、ボーンって、爆発しちゃうかもね~♪」



耳が爆発

爆発したのは2人の耳の方でした。
このような会話を聞かされて、黙っていられるカミナではありません。男のフロンティアを目指し、一路歩を進めます。


とどかない

しかし届きません。
男湯と女湯の間には、天を突かんばかりに高くそびえ立つ、巨大な壁があったのです。比喩でも何でもなく、本当に高いですこの壁。


穴は穴でも

壁の穴を探せというカミナの言葉に従うダリーでしたが、どうやら違う穴を見つけてしまったようです。
あまりの痛さに飛び上がり、その刹那に女湯を覗き見ることができたシモン。
しかしその事実は、隣の男の闘志をより高めさせてしまったのです。


尻を差し出し、「よぉしギミー! 俺の尻を突けぇっ!」と絶叫するカミナでしたが、その時ギミーは女湯の方へと召喚されていました。


「あぁん♪」
「カワイイ♪」
「はぁい、大切なトコ、洗いましょうねぇ♪」
「おぉぉ、気持ちいい~」



この事実に、更に闘志を高める男が1人。もはや暴走寸前のカミナは、シモンのドリルを奪い取り、壁を突き破らんと画策します。
それを制止しようとするシモンに対し、最初の台詞へと繋がるのです。


明らかに間違った“男の道”を説かれ、しかもそれを鵜呑みにしてしまったシモンは、あろうことか、己の天を突き破るドリルでもって、女湯を覗くために、壁へ穴を掘り始めます。
ほどなく貫通した、その小さな穴から聞こえてきたのは、キヨウ達がカミナをダシにヨーコをからかい、そしてシモンをこき下ろす声でした。


「まだまだ子供で、主体性がない」
それは、言われても仕方のない言葉です。この頃のシモンは、弱気な部分ばかりが表出しており、お世辞にも頼りがいのある風には見えていませんでした。
ですが、事実であっても傷つくことには変わりがありません。声もなく涙をこぼすシモンでしたが、そこへ救いの言葉が差し伸べられます。


ヨーコのフォロー

「でも、もう少し頑張ればいい男になるかも。
普段は全然冴えないけど、いざとなると意外に活躍するんだよね。
わたし、結構信頼してるかも」



その言葉で我に返り、掘った穴をそっと元通りに埋めるシモン。
「諦めたのか?」と問うカミナの声にも、気が抜けたような返事をするのみでした。


だがしかし。
我らの愛するグレン団、不撓不屈の鬼リーダーは、たとえシモンがやる気を無くそうとも、1人でもやり遂げる男でした。


がんばったアニキ

絶壁に等しい巨大な壁を制覇し、その頂点にて高笑いをキメるカミナ。これが、これこそがやり遂げた男の姿です。
どう見ても正義の味方には見えません。左下など、完全に悪役です。


と、ここで温泉旅館がその正体をあらわにします。
温泉旅館とは仮の姿。その実体は、なんとガンメンだったのです。今までのことはつまり、獣人達の罠だったというわけですね。
このあたりは、TV放送版と同じ展開です。


すぐさまグレンラガンへ搭乗して戦おうとするシモンとカミナでしたが、ここでヨーコ達が人質に捕られたことが明かされます。


モザイク

これは、なんと言えばいいのでしょう。どう見てもモザイクです。
敵に女子供が人質に捕られ、重大な危機に陥っているはずなのに、この緊張感の無さは、一体何なのでしょう。


そして敵は、「このモザイクを外してほしかったら、今すぐそいつから降りるんだね!」と要求してきます。人質の身柄と交換ではないんですね。それ以前に、カミナ達にもモザイクは見えているんですね。


その要求を皆が論外と切り捨てる中、ただ1人、真に受けた者がいました。
そうです。あの男です。


モザイクのために降りた

モザイクのために、自分の、そして仲間の命までをも危険に晒すような男が、かつて存在したでしょうか。
彼こそ、カミナこそ真に“漢”と呼ばれるに相応しい人物だと思います。
あまりの超展開に、アニキべったりのあのシモンまでもが「バカ…!」と呟いてしまいました。そのことだけで、この状況がどれほど尋常でないかがわかろうというものです。


嘘は言ってない

「ふざけるなぁぁぁぁ!!」

夜の闇を切り裂いて、アニキの怒号が響き渡ります。敵の獣人は何1つ嘘を言っていないので、怒るのは筋違いとも言えるのですが、グレンを降りまでしてのこの結果に、そう易々と納得できようはずもありません。


荒ぶる心のままに合体を宣言したカミナでしたが、時既に遅く、グレンは敵に奪われた後でした。
温泉型ガンメンに取り付き、ココ爺の助けを借りて中への進入を果たしたカミナ。
しかしそこでは、思わぬ出来事が彼を待っていたのです。


交差カウンター

相対速度までをも利用したそのストレートは、カミナを仕留めるに十分な威力を持っていました。
まぁそりゃあ殴られますよね。モザイクのためにグレンを降りたとか、笑い話の領域ですから。殴られるだけで済んだのは、むしろ幸運と言えるでしょう。


見てえものは見てえんだ!!

「見てえものは見てえんだ!!」

ヨーコのお仕置きに対し、カミナの発したこの台詞。
アホです。紛うことなきアホです。ここまでアホだと、いっそ清々しいくらいです。


爆弾発言

「だったらそう言えばいいじゃん!
そんなに見たけりゃいつでも見せてあげたわよ!!」


こちらはこちらで、違う意味でアホです。爆弾発言もいいところです。
ですが、その後慌てるヨーコの姿は、大変に可愛らしいものでした。
また、もしこの解放版がTVで放送されていたなら、この部分は第8話への複線の1つになっていたでしょう。


気を取り直した一向は、温泉型ガンメンの機関室を占拠することに成功します。
ですが、そこで敵の奥の手が姿を見せるのです。


敵の奥の手

一見するとタオルに見えるそれはしかし、リモコン操作によって強烈に締め付け、骨の1本や2本はたやすくへし折ってしまうという、恐ろしい武器でした。ヨーコ達は動きを封じられ、自由に言葉を発することもままなりません。


敵の獣人は「螺旋王」の名を口にし、敵の親玉がついに明らかとなり、会話の上ではシリアス全開なのにもかかわらず、この溢れんばかりのバカバカしさは、一体どういうことなのでしょう。
ですが、あえて言いましょう。カミナは、私達は、こういう展開をこそ待っていたのだと。


ゆるめる

ギミーが敵のリモコンをうまくかすめ取り、ヨーコ達への締め付けは解消されます。
しかしそれでもカミナは、声高に叫び続けます。


「ギミー! もっと回せ!
何してる早く回せ!
男なら回さんでどうする! 回せ回せ回せぇっ!!」



アニキ必死すぎです。
と申しますより、今回のアニキは全編通して本当に必死です。あまりに必死すぎて、感動すら覚えるほどです。
下手をすると、第8話のあのシーンよりも必死に見えるのです。それほどまでに、自らの命と仲間の未来をも凌駕するかもしれないほどに、彼は見たがっているのです。


ついに

そして、彼をそれほどまでに駆り立てたものが、私達が待ち望んだものが、ついに露になる時が来ました。
純白のタオルに包まれたその中身が如何なるものであるのかを確かめる時が、ついに来たのです。


オチ

「不都合もへったくれもねぇぇ!!

てめえらは、人の心を!

男の魂の昂ぶりというものを、土足で踏みにじり

ボキリと折りやがったぁぁ!!

てめえら全員、地獄の果てまで追っ掛けて

百万回でも殺してやらぁ!!」



期待すれば裏切られ、また気を持たせておいて、やっぱり裏切られ。この仕打ちには、胸中で密かに涙を流さずにはいられません。
カミナの怒りももっともと言えますが、これほどまでに残酷な裏切りを、繰り返し受けてしまった彼の心中は、怒りよりもなお深い悲しみに満ちていたことでしょう。


この後の展開は、TV版と同じです。「男の魂炸裂斬り」によって、温泉型ガンメンを獣人もろともに撃破し、一件落着となります。


おはようございました


「おはようございます」

最後はやはり、このシーンです。
TV版では何ということのなかったシーンでしたが、不思議なもので、あれだけ長い前置きの後だと、妙に感慨深く感じてしまいます。カミナとしては、これによって労が報われた形にもなり、本当の意味での一件落着を迎えたと言えるでしょう。





簡単にですが、総評を。
「解放版」と銘打たれてはいますが、7割くらいがTV版と同じで、新規カットはそれほど多くありません。
ですが、アホな方向にやたら男らしいカミナを拝むことができましたし、第6話が元々ぶっ飛んだ回だったということもわかりました。

とにかく勢い重視で、テンポはひたすらに良かったです。それこそ、視聴者がついていけるギリギリくらいの勢いでした。
しかし、何より良かったのは、サービスカットがそれなりに充実していたことです。視覚的にはそれほどでもありませんでしたが、聴覚によるところが少なからずあり、総合的に見るとなかなかのレベルに達していたのではないかと思います。

とはいえ、このくらいならTVでも放送できたのではとも思うのですが、日曜朝という時間帯を考えると、アウトだったのかもしれません。

まとめますと、特典としては十分な内容だと思います。元の第6話から破綻していないところも良いです。
これを目当てにDVDを購入するのはお勧めしませんが、ファンがおまけとして期待する分には、大いにアリだと思います。


天元突破グレンラガン3
天元突破グレンラガン3
関連記事

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グレンラガン 前半の肝

最近はまっている天元突破グレンラガン。 ついつい、リボルテックのグレンラガン、入手しちゃいました。ついでにマクロスVF-1Jとリガードも...

グレンラガン DVD3巻来た!02

9/26発売 『天元突破グレンラガン』 の「DVD 3巻」を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)凄まじい解放っぷりでした。  続...

天元突破グレンラガン 第6話(DVD解放版) 「見てえものは見てえんだ!!」

放送では差し変えられた第6話の完全版! DVD3には、放送バージョンと両方収録なので見比べることも可。 戦闘で、なぜカミナがあんなテンション高かったかがこっちので判りました(笑) この巻だけ売上数が増えるかも(

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。