スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PlayStation3の使用感について

簡単にですが、書いてみようと思います。

まず、初対面の印象としましては、巨大かつ重いというものでした。小型化以前のPS2と比べても、上回っていることが一目瞭然な大きさと重量です。
一度設置してしまえば気にすることもなくなるのですが、今のところPS2ソフトとの互換性がない40GB版を、PS2と、特に旧型と並べて設置する場合、それなりに場所を取ってしまうことは覚悟する必要があるでしょう。

熱については、聞いていたほどではないと感じましたが、それは単に今が冬だからという可能性が大きいです。これが夏場であったなら、逆に物凄い廃熱量と感じたかもしれません。
そもそも、消費電力が一般的なPCと大差ないのですから、廃熱もまた相応のものであると考えるべきなのでしょう。
これに関しては、40GB版は消費電力が100W小さくなっていますので、その分廃熱量も少なくなっていると考えていいと思います。

静音性については、廃熱とは逆に、かなり優れているようです。
本体が巨大なだけあって、それなりに大きなファンを搭載しているようで、恐らく全力稼動していると思われる場面においても、その音は旧型PS2と同等か、それ以下と感じました。
ただ、まったく音がしないというわけでは勿論ありませんので、静かな部屋でスピーカーから音を出す場合などには、気になってしまうこともあると思います。

付属のコントローラーは、軽く、操作性も良好です。
コードがないせいかどうなのか、充電池が入ってるとは思えない重量です。PS2のコントローラーよりも、明らかに軽量です。
電池の持ちも悪くなく、一度充電すれば10時間程度は持つようです。減ってきた場合は、それを警告もしてくれますので、突然操作不能に陥るといったようなこともないでしょう。
充電は、USBケーブルで行います。ケーブルは付属しており、長さは1.5mほどで、それで繋いでいる間も操作は可能です。
また、L2およびR2ボタンが改良されており、PS2のそれに比べて指をかけやすく、また押し込みやすくなっています。感覚としては、銃のトリガーに近い感じです。
無線ですので、コードに煩わされることもありません。範囲も割と広いようなので、今までと同じ感覚で使う分には問題が起こることもないでしょう。

PLAYSTATION®Storeは、PSPと同じ感覚で利用でき、コンテンツが購入できます。ムービーや体験版のダウンロードも可能です。
ゲーム機がHDDを搭載し、ネットワークと繋がったことの最大の利点は、新作ソフトの体験版へ気軽に触れられるようになったことかもしれません。ちょっと気になっているソフトが面白いかどうかを、簡単に確かめられます。
すべてのソフトの体験版が配信されているわけでは残念ながらないようですが、期待度の高いソフトについては、例外なく配信されているようです。FF13や、MGS4といったタイトルについても、配信される可能性は大きいとみていいでしょう。
ただし、そのサイズは総じて巨大なようです。
とあるソフトの体験版をダウンロードしようとして、意外に時間が掛かることへ気付き、何の気なしにサイズを確認してみましたら、1GB近くあって驚かされました。時間が掛かるはずです。
そのようなわけで、回線が低速の場合は、この点に留意が必要です。一応、ダウンロードをバックグラウンドで行える機能もありますが、それでも時間が掛かってしまうことには変わりがありませんので。

あと、使用感とは直接の関係はないのですが、音楽を再生する際に表示できるビジュアライザーの美しさに感動を覚えたことは、書いておかなければなりません。
どのようなものかと言いますと、宇宙空間に地球が浮かんでいて、徐々に景観が変わるという、それだけの代物です。ただ、それが実写と見紛うほどに美麗なわけです。
PS3が「次世代機」だと実感できたのは、まさにこれを見た瞬間でした。あれは、PS2では再現できないでしょう。

そして、是非とも書いておかなければならないのが、「トロ・ステーションについて」です。
「トロ・ステーション」とは、初代PSの「どこでもいっしょ」というゲームソフトのキャラクターの1匹、トロと、その友人のクロの2匹が送る、毎日配信の脱力系ニュース番組です。PS3専用コンテンツの、「まいにちいっしょ」をダウンロード、およびインストールすることによって、楽しむことができます。ダウンロードに際して、料金は必要ありません。無料で楽しむことができます。
そのネタは非常に多岐にわたっており、時事ネタやゲームの話題は勿論として、マンガ、スポーツ、食べ物、乗り物、エレクトロニクスと、まさに何でもありな様相を呈しています。これらの話題について、トロとクロの2匹がゆる~く語り、紹介していくのが「トロ・ステーション」というコンテンツです。
また、そのユルさの方も、いささか常軌を逸しています。代表的なのは、去年の11月16日放送の第373回において、あの初音ミクが登場したことでしょう。しかも、ただネタにしただけでなく、ちゃんと紹介までしているあたりが素晴らしいです。ちなみにこの回は、よりぬきで視聴することができます。
第438回にはMeikoも登場しており、この分ですと鏡音リン・レンの登場も遠からず実現しそうです。
ボーカロイドのみならず、ニコニコ動画そのものや、果てはウイニーといったものまで話題にしたことのあるトロ・ステーションは、PS3における屈指の良コンテンツと言えるでしょう。

総評としましては、このPS3、割といいハードだと思います。
価格の高さがネックではありますが、いざ購入してしまえば、好意的な評価を下せるのではないでしょうか。
ただやはり、敷居の高さは否めません。ソフトも充実しているとは言いにくい状況ですし、今急いで購入することはないと思います。ゲームなりビデオなり、欲しいソフトが出る時に買ってしまうのが、一番ではないでしょうか。

ビデオといえば、うちにはハイビジョンのディスプレイがありませんので、PS2ソフトやDVDのアップコンバートは、依然未体験のままです。ディスプレイは新調する方向で意思を固めつつありますので、いざそうなった際に、また簡単な感想でも書いてみようと思っています。
関連記事

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりBD映画の綺麗さだな。見たいのを買ってたらいつの間にかBD映画15本になってたし。バイオのトリロジーボックスも買うからまた増えるな。
まぁ、きだーの好きなアニメは限られたものしかBDになってないが。

付属のは振動ないから軽いよ。デュアルショック3はPS2のより重いけど。

アニメのBD版はこれから増えるでしょうね。
振動は特に必要としていないので、軽い方がありがたいですな。
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。