スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-

7月17日に発売されたばかりの、PS3用ソフトです。
サントラが欲しかったので、限定版の方を購入しました。アクアプラスのゲームは、地味に音楽が良いのです。

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-

プロローグ部分をさっと流してみた感想。

3Dのモデリングは、やはりと言いますか、ちょっと拙い印象です。
背景やエフェクトが綺麗な割に、キャラの動きが洗練されていないあたり、PS2の初期のゲームを彷彿とさせる感じです。
まぁ、元が一介のエロゲメーカーに過ぎませんので、コンシューマーのメーカーと比べるのは酷というものかもしれません。

ゲーム部分は、割と遊べそうな感じです。「今のところは」という注釈は付きますが。
システムは「簡略化したFFT」という感じで、バランスは良さそうに見えています。
ただ、属性によってダメージが増減されるシステムがあるのですが、これがどうも、有名無実のものになってしまいそうなのです。大して考慮しなくとも、普通に勝ててしまいますので。
そもそもPC版では、ゲーム部分がAVGのオマケみたいな雰囲気でしたから、それに倣ったと考えるなら、ゲーム部分のヌルさも妥当と言えるのかもしれません。
まぁ、この点については、まだ評価を決めるべきではないでしょう。そうするなら、物語がある程度進展して、出撃ユニット数が増えてからにしなくてはいけません。

そして、ある意味メインとも言えるAVG部分ですが、キャラクターデザインが一新されてはいるものの、基本的にはPC版とまったく同じです。バックログや、メッセージウィンドウを消したりできる機能もちゃんと備わっています。
殆ど同じではあるものの、元のシナリオや声の演技が良かったので、普通に楽しめています。
今思えば、声優陣もかなり豪華だったんですねこのゲーム。大川透さんの声は、相変わらず超エロいです。魔王の貫禄ばっちり。

BGMについては、新曲らしい新曲を今のところ聞いていないので、まだなんとも言えません。とりあえず、オープニングテーマが変わってしまったのは残念です。
でも、聞いてみると新オープニングテーマもそう悪くないと思えてきました。
そうそう、オープニングのアニメーションは、思っていたより良かったです。イントロの剣突き立てるシーンだけで、PC版のファンならテンションが上がってしまうことでしょう。





ひとまずはこんなところです。
余談ですが、この時期に初期型PS3を動かすと、大変なことになると知りました。うるさいのなんの、暑いのなんの。
うるさいのはヘッドホンで無効化できますが、暑いのはちょっと対策が大変かもしれません。電気式のファンヒーターを回しているような感じですから。
もし買うなら、互換機能がどうしても必要ではない限り、新型にしておいた方が無難かと思います。
関連記事

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地-」サントラ発売

ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地-オリジナルサウンドトラック PS3で発売された「ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地-」のサントラ...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。