スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトバスプレイ中4

ようやっとクドリャフカのシナリオを終えました。なかなか難航しております。

物語としては、特に大きなサプライズもなく、誤解を恐れず言えば『可もなく不可もなく』といった感じでした。
ただ、ヒロインのクドが物凄く可愛いので、そのことがシナリオに対し、いい方向へ補正を与えているようにも思えました。
要するにクドのルートは、全体をひとつのシナリオとして楽しむのではなく、ヒロインであるクドに萌えることこそ本道ではないかと思うわけです。

また、クドリャフカルートをひとつのシナリオとして評価するには、ヒロインであるクドの並外れた可愛さを考慮に入れる必要がある、と思います。
それはクドに限らず、もっと言えばどのエロゲーのどのヒロインにおいても同じことではあるのですが、たとえばキャラクターの魅力を数値で書き表せるとした時に、その数値の大小によって、シナリオに与える影響の大小も変わってくる、という風に考えるのは、ごく自然なことだと思います。

そういう考えに基づいた上で、ひとつの仮定をしてみましょう。
あるエロゲーがあり、それにとても可愛いヒロインが登場したとします。
何人かいるヒロインのシナリオは、そのいずれもが可もなく不可もなくといった印象をプレイヤーに与えるものです。こうした状況において、シナリオにあえて優劣をつけるとするならば、その判断基準の最たるものとなるのは、まさしく「ヒロインの可愛さ」になるのではないでしょうか。

書いてる私にもなんだかよくわからなくなりましたが、つまりは簡潔に言うと、

クドリャフカ可愛いよクドリャフカ

ということであります。

さて、これにて六人すべてのエンディングを、一応は見終えたことになるわけですが、CGの回収率を確認してみたところ、依然として49%にとどまっていました。先はまだまだ長そうです。
関連記事

テーマ : リトルバスターズ!
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。