スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合姫S Vol.6を読みました

12月18日に、本誌掲載の連載マンガの単行本が出るそうです。「flower*flower」あたりは多分買うと思います。
あと、10月18日にはストロベリーシェイクsweetの2巻が発売されるようです。私は単行本でしか読んでいないので、続きを2年半ぶりに拝めることになります。長かった…

以下、めぼしい作品の感想です。


・死神アリス(いづみやおとは)
割と好きな系統の話なんですが、できればもう少しページ数を増やして描いて欲しかったです。描写の甘さが目に付いて、キャラクターが薄く見えてしまいました。
キャラクターそのものとか、世界観は良かったと思います。


・LOVE CUBIC(谷村まりか)
前回がどんな内容だったか、まるっきり忘れてしまっていたのですが、導入部を読んだらすぐに思い出せました。衝撃的にもほどがあります。
内容の方は、主人公とヒロインの顔見せだった前回からやや進んで、ライバルキャラを掘り下げるという順当なもので、絵の可愛さもあって普通に楽しめました。
ただ、それだけに導入部のインパクトが、ギャップによってより惹きたてられてしまうという、面白くも困った事態になっています。
そもそも、ジャンルが「シスコン×液体系ラブコメ」ってあたりからしてもう、どうツッコめばいいやら…


・コノハナリンク(玄鉄絢)
先日、友人に「少女セクト」を勧めたのですが、反応の最たるものが「エロ」だったことに、やや面食らってしまいました。
成年向けの指定はされていないものの、純然たるエロマンガであることを私自身わきまえていたつもりだったのですが、脳内のカテゴリ分けではいつの間にか、百合の方へと分類されてしまっていたようです。
それはともかく、群像劇を読むなら、単行本でまとめ読みするべきだと思い知らされました。登場人物が多く、話の続きが3ヶ月ごとにしか読めないので、人物紹介がないと、誰が誰だかわからなくなってしまうのです。話の進みも遅いので、面白い面白くないの評価を下すことさえ、今の時点ではできそうにありません。
でも、作品の雰囲気は凄く好きです。


・flower*flower(石見翔子)
主人公にとっての当面の危機は去ったものの、今度は外野が騒がしくなってきました。今までは朱玲とニナの二人で物語が進行してきましたが、そこに兄様や侍女も、今後は絡んできそうな気配です。
ちょっと面倒な感じになってきました。


・ゆるゆり(なもり)
前回に比べてページ数が増えた気がします。前回は二話掲載だったと記憶していますが、それが今回は三話になっているので、実質1.5倍くらいになったと考えていいでしょう。登場キャラクターも増えて、賑やかになってまいりました。
絵が抜群にうまくて可愛いうえに、ギャグもわりと好みなので、かなり楽しめました。百合っぽさが増してきたことも、注目に値するポイントだと思います。
今号における最右翼でした。


・南波と海鈴(南方純)
海鈴の泣き顔に大ゴマを使うあたり、著者氏はわかっていると言わざるをえません。
や、それが言いたいだけなんですけど。


今号は、当たりが結構多かったように思います。
次号発売は12月18日を予定しているとのことです。
関連記事

テーマ : 百合
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。