スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんなぎ第二幕「玉音アタック!」を観ました

作画がいいです。
以前にも書きましたが、改めて書きたくなるほど、本当にいいです。
でも、あまりに良すぎて、娯楽アニメの範疇を逸してしまっている感があります。例えて言うなら、ジブリのアニメ映画を見ている感覚、とでも申しましょうか。気楽に見られる雰囲気ではなくなりつつあるような気がします。

それに、この第二幕を観ている間、たびたび違和感を覚えたのですが、思い返してみますと、それは以下のようなことなのだと思います。

キャラクターが、そのデザインは他のアニメと大差のないデフォルメされたものであるのに対し、アニメーションでの動きに、アニメならではの「省略」が少なく、現実の物理法則に即した動き方をするので、「アニメっぽいデフォルメされたキャラクター」と「現実っぽい動き」との間で齟齬が生じて、それが違和感へと繋がっているのでしょう。

こと作画に関してだけ言うならば、この第二幕は「気合入れすぎ」なのだと思います。作画にこだわりがあるのはわかりますし、その点を評価もしたいのですが、何事もほどほどくらいが一番楽しみやすい、とでも言いましょうか。
少なくとも、私はもうちょっとアニメらしいアニメの方が好きです。

さてストーリーの方ですが、主人公仁の幼なじみたるつぐみが登場し、仁とナギが喧嘩をして和解する、という当たりさわりのない内容となっていました。原作からして話が大きく動いていくタイプの作品ではないようですから、今後もおだやかに進行していくのではないかと思われます。

あと、前回のエンディングで、一枚絵に描いた人の名前が入っていたことに疑問を抱いたりしたのですが、今回でその謎が解けました。エンディングの一枚絵は、毎回描く人が変わるようです。
ちなみに第一幕では作画監督の門脇聡さん、今回の第二幕では、TYPE-MOONの武内崇さんでした。
関連記事

テーマ : かんなぎ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎かんなぎ第二幕「玉音アタック!」

仁の家で暮らすことになったナギ。横柄な態度とあまり神様っぽくないナギに、ついに仁も反論をする。ナギと言い争いしていると、そこに幼なじみのつぐみが家にやって来てジンの家でナギが生活をはじめるという夢の展開になる。そこに幼馴染のつぐみがやってきて三角関係勃...

かんなぎ 第二幕「玉音アタック!」

博士「玉音放・・・」助手「やめやめ!危ないネタ禁止!!」...

かんなぎ #2 「玉音アタック!」

んじゃ~2話っす。 OPでステッキが折れてるってことはあのシーンが来るわけ ですね。楽しみです!!! それにしてもいちいち仁君は思春期特有...

かんなぎ 第2話 「玉音アタック!」

今宵もナギちゃんでぽわわ 22時30分から始まるというなんとも良い時間に放送されてこの1時間良かったですね。 なぜか、BS11の放送も延期ではな...

かんなぎ 第2話「玉音アタック」【感想】【OP好きです】

「美少女土地神!産土神!ケガレは根こそぎ許さない!」(ナギ) 戸松遥大活躍!あとOPはやっぱり気持ちいい。 あらすじ 御厨仁の家...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。