スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんなぎ第八幕「迷走嵐が丘」を観ました

タイトルが短いのは、久しぶりな気がいたします。

今回は、原作においては大鉄が八面六臂の大活躍を果たしたエピソードであり、仁とナギと大鉄の三人が、今後の関係性を周囲に対して明確にする上で、避けては通れない道でした。
つまるところ重要な一幕でありまして、否応なしに期待してしまったのですが、どうやらそれを裏切られずに済みましたようです。

序盤から大鉄の妄想という形で、仁とナギの関係を傍から見た場合に、いかに不自然に見えるかということを描いていました。
後半からそれなんてエロゲ?な状態でしたが、血の繋がりのある姉だと公言している女性を異性として意識しまくっている仁の態度を見れば、事情を知らぬ大鉄がいぶかしむのも、無理なきことと申せましょう。
それで後半の睨み合いへと発展するわけですが、大鉄が口下手で寡黙なキャラであることも手伝って、誤解が誤解を生んでカオスな方向へと流れていきます。
といったあたりで終幕。
ここからが面白くなるところだと思うのですが、それはまた来週のお楽しみということなのでしょう。

大鉄の妄想もそうですが、たとえば濡れた身体を拭くために裸になった大鉄と、話を聞く仁とを並べて立たせた後に、玄関に置かれた靴を描くことで、二人の体格差をより強調するというような場面がありました。こういった描写は、漫画でやってしまうと逆にテンポが悪くなってしまうイメージがありますが、それがアニメであれば、絵を見せながら音声を流すことができるため、描写を強調しつつ原作へ準拠することができるというわけで、このあたりはさすがに上手いと思わされました。

ただ、テンポの良し悪しについては、今回もかなり頑張ってる方だとは思いますが、それでも前回と比べますと、若干ですが悪くなったと感じました。原作に準拠する以上はやはり、ある程度のテンポの悪化は許容せざるを得ないのかもしれません。

エンドカードは絶叫さんでした。
「とらドラ!」の漫画版の作画を担当されている方です。
関連記事

テーマ : かんなぎ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎かんなぎ第八幕「迷走嵐が丘」

雨の降る夕方、仁は家の窓から外を眺め、天気の悪さを嘆いていると、家のチャイムが鳴る。玄関に行きドアを開けると、そこにはまっすぐ家に帰ったはずの大鉄がズブ濡れで立っているのだった。ダイテツがナギさまの招待に気づき始めるというような話だったような。かんなぎ...

かんなぎ 第八幕「迷走嵐が丘」

博士「大鉄×仁派歓喜www」助手「嫌だな、それは・・・」...

かんなぎ #8 「迷走嵐が丘」

今回は大鉄君の妄想暴走話の会ですね。 しかし、マッチョすぎる・・・さすが大鉄!! Amazon.co.jp ウィジェット 警棒を向けられたい!!のあそこ...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。