スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類は衰退しました3と4を読んだ

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫)

著者は田中ロミオ
イラストは山崎透
3巻の感想を書いてなかったのでまずはそれから
この巻で評判を落としたという風な話を耳にしていたのだが、さもありなんと思った
前巻までとは雰囲気がかなり違ったからだ
1巻と2巻が妖精さんとたわむれ遊ぶほんわかストーリーだとすると、3巻はそこから冒険活劇風に大きく方向転換したイメージ
より正確に言うならば、「SFっぽくなった」と言うべきかもしれない
終盤に設定のネタばらしがあるのだが、そこで思わず唸らされてしまった
普段ラノベ以外でSFを読まない私からすると、その展開は斬新と評するに十分だったのだ
1巻と2巻も悪くなかったが、3巻は更にその上をいっていたと思う
そんな一冊


人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)

そして4巻
ここにいたってようやく明らかになった事実
この作品はタイトルを略して人退というらしいです
略し方をどうしたものかわからなくて、今までそのまま書いていたよ
さて上で書いた通り3巻では方向性がやや変わっていた本シリーズ
この4巻ではまた元に戻りました
最初からその予定だったのか、それとも3巻が不評だったからなのかはわからない
作り手が受け手の意見を聞くだけならともかく、受け手の主張に振り回されてしまうのはあまり好ましいこととは思えないので、できれば前者であってほしい
というわけで元に戻ったということは、この4巻も1巻2巻のような妖精さんとたわむれ遊ぶほんわかストーリーであるということだ
だらだら読んでいたらいつの間にか終わっていて、そこそこ面白いという作風は、好きな人には好きなものかもしれない
私もどちらかといえば好きなほうです

ところでこの作品、登場キャラクターに名前がない
脇役も含めると10人近いキャラクターが毎回出てくるのだが、そのすべてに固有の名前が与えられていないのだ
ゆえに主人公は「わたし」であり、その祖父は「おじいさん」であり、助手の少年は「助手さん」なのである
一人称と三人称が名前の代わりを果たしているといえばわかりやすいだろうか
こういうの、探せば他になくはないのだろうが、ラノベ以外の本をほとんど読まない私は、これ以外に見た記憶がない
凝った名前などなくとも、面白いシナリオさえあれば物語というものは回っていくようである
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。