スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズ・トゥ・ティアラの第5話を見た

サブタイトルは「ロンディニウム」
この作品の略称としては、TtTやT3、ティアティアなどがあったけど、私はTtTを主に使っていた
T3だと某州知事の映画と被るし(実際に放映時期とPC版の発売日がニアミスしていた)、ティアティアはあまり略になってないので

閑話休題
エポナが武器屋の真似事をしている
あの店たしか、防具以外だと弓と杖しか置いてなかったような・・・
ラスティが出てくるまでは、武器も彼女の管轄になるのかもしれない

ニンジン突っ込まれるエルミンに吹いた
微妙にエロく感じたのは私だけではないと思いたい

そしてタリエシン早くも登場
あの服装ほんと奇抜に見えるな
特に森の中だと違和感ありすぎる

モルガンは相変わらずアホの子です
でも事前に言い含めておくくらいしておけばいいんじゃね?
と思われるかもしれない
しかしそれは間違いだ
なぜなら、言い含めておいてもなおああいった失敗をやらかすのがモルガンというキャラだからだ

スィールもう出てきた
予告にはなかったからちょっと驚き
若干ペース早いような気がするけど、中盤以降のエピソードに時間をかけようって算段なのならこのくらいじゃないと間に合わないのかも
ところで毛皮のイベントはやらないのだろうか
次週のAパートで鍋する流れになって、そこで・・・みたいな感じになるのかな?

血気にはやるアルサルを、アロウンが抑えるの図
このアニメを実際に見るまで、アルサルが主人公だと思っていた人が少なからずいると聞く
そして実際にアニメを見たときに、アロウンが主人公であることに驚いてしまうのだそうだ
私はゲームの発売前から、公式サイトや雑誌からの情報でアロウンが主人公だと知っていたので、その感覚自体をよくわからなかったりするのだが、それはさておくとして
アルサルが主人公だというのは、実はあながち間違いでもなかったりする
それはこのTtTという作品が、アルサルの成長を描いた物語であるからだ

アロウンは、登場した時点で既にキャラクターとして完成されている
彼は確固たる目的を持って動いており、それに対する姿勢は序盤から終盤までぶれることがない
彼の成長を描いた物語は、千年前にもう終わってしまっているからだ
だから彼は、このTtTという作品時点ではただ前を見すえて進むことしかしない
成長の余地がないのである
しかし物語というものの多くは、キャラクターの成長していく過程をドラマティックに描き出すことで受け手に感動を与え、楽しませるようにできている
だがアロウンでは、その役目を十全に果たすことができない
そこでアルサルというわけである
このTtTという物語は、かつて迷い、苦しみ、その中から道を見出したひとりの男が、同じように闇の中を手探りで進もうとする青年を導いていく
そんな物語だ
だからアルサルが主人公だと言ってしまっても、あながち間違いではないのである
このあたりのことは、中盤以降の展開を見れば御納得いただけるかと思う

んで次週はオクタヴィアさんの登場となるようだ
PC版ではおっぱいキャラだったのに、PS3版ではキャラデザが変わって特にそういうわけでもなくなってしまった残念なキャラ
でも代わりに別の属性がついてたので、ある意味どっこいと言えるのかもしれぬ
PS3版のクリア後に見られるPVにはハムのイベントが入ってたので、そこもちゃんとやると思われるよ
ちなみに上記のスィールと共に、ふたりとも魔王様の嫁です
まだまだ増えるよ!
関連記事

テーマ : ティアーズ・トゥ・ティアラ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎ティアーズ・トゥ・ティアラ第5話「ロンディニウム」

城を復活させたことで、敵が襲ってくるため、なんか戦の準備がはじめたようだ。そして、夜になり、モルガンちゃんが、酔っ払って性格がさらに凶暴化→アルサルと対決!!そこに、吟遊詩人のタリエシン登場。なんか助言して帰っていった。ロンディニウムを攻めるため、まず...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第5話

今回はロンディニウムに赴き帝国の物資を奪おうとするお話でした。 タリエシンなる怪しげな吟遊詩人登場、とりあえず敵でも味方でもないんでしょうかねぇ。 ガイウスの読みの鋭さは凄いと思いつつ、最後の最後でスィールらしきキャラ登場は次回が楽しみというものです(...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第5話 「ロンディニウム」

謎の吟遊詩人登場! なんでもいますね、この島w 吟遊詩人タリエシンは敵?味方? モルガンはアロウンの嫁というより、アルサルと仲が...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第5話『ロンディニウム』

蟹はもう飽きたと(笑) 狩りをするが上手くいかず、酔ったモルガンはアルサルに決闘を…。 なんかあると決闘ですねこの娘は(^^; そこ...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第5話

「ロンディニウム」を見ました。 お肉入りのゲール鍋を食るために狩りに出かけました。

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第5話「ロンディニウム」

アルビオン島へと近づくガイウス率いる帝国軍だが、魔王たちが島のどこにいるのか把握できておらず、交易都市・ロンディニウムへと向かうことにする。アヴァロンは城を復活させる為、生命の門の結界を解いてしまったため、帝国軍に気付かれるのは時間の問題。アロウン達は...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第5話「ロンディニウム」

なんともゆったりとしたストーリー展開。 アロウンとガイウスの心理戦は見応えありました。 2人の洞察力はすごいですね。 ゲール族長がアルサルだったらとっくに全滅(マテ 思うところあったガイウスは アルビオン島最大の交易都市、ロンディニウムへ。 彼の読み...

『ティアーズ・トゥ・ティアラ』#5「ロンディニウム」

「戦うには何もかも早すぎる」 アヴァロン城での生活に民たちはすぐさま順応したが、 食料や武器などの面において、態勢がまだまだ不十分...

ティアーズ・トゥ・ティアラ ? 「ロンディニウム」

 嵐の前の平穏か    今回は珍しく月曜日に記事を掲載します。    前回アヴァロンは「リンゴ」を意味する言葉でしたが、  今回の「...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第5話「ロンディニウム」

出会いは突然に・・・的な第5話

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。