スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装少年アンソロジーを読んだ

女装少年アンソロジー (ガンガンコミックスアンソロジー)

スクエニ出版のアレ。
こういう特殊性癖モノは、普通のエロ本買うより恥ずかしく感じてしまう私です。
まあ恥ずかしかろうと買うんですけど。

内容はタイトルの通りで、女装少年を主人公にすえた作品ばかりが集められている。
ただ、女装へ至るまでの動機はさまざまだ。
大別すると、上の立場の女の子に命じられたからというものと、自分が好きだからというふたつのパターンがあり、数としては前者の方が若干多い。
だから女装少年好きな人だけでなく、M気質を持つ人にも楽しめる内容かもしれないと思った。

作品群の平均レベルはわりと高め。アンソロの宿命として、玉石混淆になるのは致し方なく、買う際はそうだと思って私も買うのだが、今回は当たりだったと言える。
特に最初の二作品、佳月玲茅の「ボクは妹のメイドさん」と、松本トモキの「プラナス・ガール1.5」はかなり良かった。
女装少年モノは基本的に男性向けのジャンルだと思ってるのだが、上記二作品はそれをきちんと意識したうえで描かれているのが印象的だ。有り体に言えば、「抜こうと思えば抜ける内容」だったということである。

反面、女装キャラが「そういう設定なだけの女の子」と化している面もあるが、女装した男の子の可愛さと、男性的な性質の両方を、短い話のなかで共存させるのはとても難しいことだと思うので、これは仕方のないことかもしれない。カラミを入れることができればまだ表現しやすくもなるだろうけど、全年齢向けのアンソロでそういうわけにもいかないだろうし。

カラミといえば、女装少年モノだと主人公と対になるキャラクターが、男性の場合と女性の場合の両方があって、それが当たり前のように受け入れられているのが面白い。
このアンソロも、大半は女装した主人公とヒロインの女の子がセットになっているのだが、相手役が男という作品も、少ないながら収録されている。
前述の「プラナス・ガール1.5」と、巻末の方にある野澤綾子の「女装少年注意報!?」がそうだ。
個人的には、男と絡ませた方が背徳感が増すので好きである。なので上記二作品も私好みだった。

全体として、比較的ライトな女装少年モノばかりが集められていて読みやすい。
「女装少年に興味があるけど、あまりガチなのはちょっと…」という人向けの本だと思う。
その反面、主人公が自らの性癖に悩んだり葛藤したり、周囲からの重苦しい重圧にさいなまれたりというような展開はないので、そういうものを求める向きには合わないと思われる。
収録作のレベルも割合高めであることから、初心者向けの手に取りやすい一冊と言えるだろう。

ちなみに「プラナス・ガール」と「ボクは妹のメイドさん」の二作品は、ガンガンONLINEで丸ごと読めるので、興味があれば是非。
つうかプラナス・ガールやべえよ。あれで男の子とかないわ、マジないわ。
あまりにも可愛すぎる。
そりゃ主人公も道を踏み外しそうになるっちゅうねん…

ガンガンONLINE
関連記事

テーマ : 女装少年
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。