スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”見習いの、初戀。を読んだ

“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)

著者は野村美月。
イラストは竹岡美穂。
文学少女シリーズの外伝的な物語だ。
竹岡美穂氏の描く大人っぽいキャラは、妙に扇情的で困る。姉属性持ちにはこの上ないご褒美です。

して内容の方だけど、とりあえず

主人公の
猛烈な
押しの強さ

が、際立って印象深かった。
カテゴライズするとしたら、なにになるんだろう。たぶん素直ヒートとかそんな感じだ。
タイトルにある通り、初恋のお話になるわけなのだが、その相手は文学少女シリーズ本編の主人公、つまり井上心葉だ。
心葉くんは、本編の最後であるキャラとのルートが確定しちゃっているので、ほかの誰かになびくことはまずない。あれば本編の話に破綻をもたらしかねないからという裏の理由もあるのだが、それ以上に二人の結び付きが恐ろしく強固なので、ほつれるという展開が想像できないのだ。登場キャラ達にとっても、それは同じだっただろう。
その事実を、本著の主人公も知ることになる。だから普通なら、そこで身を引いたり諦めたりするものだと思う。
にもかかわらず、彼女は諦めない。
引かない。そればかりか押しまくる。そりゃあもう熱血にも程があるというくらいの勢いでだ。
こういうキャラは、本シリーズにおいては初めて見た気がするので、ちょっと新鮮だった。遠子先輩が性質としては近いけど、彼女はこと恋愛に関してだけは、ひたすらに奥手だったので。
彼女が中心となって巻き起こる旋風に、心葉くんが翻弄されている様子がとても面白かった。身を引き裂かれんばかりの別れを経験し、学年もひとつ上がって精神的に大きく成長した心葉くんだが、彼はやはり受けにまわってこそ輝くキャラだと思う。

というのが前半の雰囲気。
これが後半ではがらりと変わり、血なまぐさい事件の空気で満ちてくる。
私はミステリーが苦手なのだが、本シリーズはそれほど本格的ではないというのと、ラブコメ部分がとにかく面白いのとで投げ出さずに読むことができている。それは外伝に相当する本著においても変わらなかった。
それでも本編の一部エピソードに比べたら、本著は救いのある方だと思った。胸糞悪くなる事件ではあるけど、希望をきちんと示して締めくくっている点は悪くない。
多少強引でも、ハッピーと言えるエンディングを迎えた方が私は好きだ。

そして芥川くん相変わらずだよ芥川くん。
耐えるとかあしらうってんじゃなく、あれが素ってあたりが彼の漢度の高さをよく表していると思う。
この外伝はもう少し続くみたいなので、続巻では彼の更なる活躍も見られるかもしれない。

余談だが、本著のオビにはアニメ化決定の報がでかでかと記されている。製作会社は公式サイトで公表されている通り、ProductionI.Gになるようだ。
放映時期などは書いていない。予定すらないので、まだ結構先になるんじゃないだろうか。まあ来年中に見られれば御の字だろう。
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。