スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズ・トゥ・ティアラの第7話を見た

サブタイトルは「コロッセオ」。

フェスティナ・レンテ出てきた。これPC版に出てきた記憶がないんだけど、PS3版の追加要素ってことでいいんだろうか。
まあ要素と言うほど大したものじゃなく、アルサルが言ってたように、ことわざみたいなものなんですが。
ゲームのなかで行き先を決めるときに、たまにアルサルが言ったりするのだ。

あ…れ…?
リアンノン妙に剛力じゃね?
あのミルクが一杯に入ったでかい壺、控えめに言っても15kgくらいはありそうに見えたんだけど、それを軽々運ぶってどういう…
さすがアルサルの妹なだけはある、とでも言うべきなのだろうか。
あとその場面で、肩に腕を置くモルガンをウザそうに見やるスィールが印象的だった。ラスティが話してるときに、目線を合わせようとしゃがむリアンノンといい、細かいところで動きをつけてくる。こういうのは結構好きだ。

「赤枝」のエピソードは、たしかPS3版での追加要素だったかな。
こっちは正真正銘、要素と言えるものだったはず。
仔細は情けないことに忘れてしまったけど、オクタヴィアが絡んでいたような気がします。

それにしても
モルガンは
アホの子だな

事前に言い含められて、しかもその場で再度言われてるのに、直後に騒いで叱られる。ここまでくると、一種の才能だ。
そこでモルガン以外にスルーされるエポナが、少し哀れだった。

作画はここまでずっと安定しているけど、キャラの顔はわりと変わって見える。今回はキャラの男前度が幾分高い感じ。あと眉毛が太い。太眉なキャラは好きです。

そしてついにラスティの登場。
PS3版で一番優遇されていたのは、キャラデザが大きく変わったエルミンを除けば、このラスティで間違いない。
なぜかというと、専用のイベントが追加され、新規に描き下ろされたCGまでついていたからだ。
それに加えて「ガルムのイベント」。
PC版のプレイヤーになら、この一言で伝わるだろう。あれをどう処理するのか、遊びながらもずっと気になっていた。
いよいよその場面に差し掛かり、私は目を疑うこととなる。
殆どそのまんまだったからだ。
セックスまではさすがにないが、場面のCGがどう見ても、うがった見方とかじゃなくぱっと見で、オナニーしているようにしか見えないのだ。
見た瞬間、Leafの挑戦ここに極まれりとか思ってしまったものである。
この内容でありながら、CEROのレーティングはB。つまり、ディシディアより子供向けと判断されているのがPS3版だ。世の中なにか間違っている。
そういやガルムのイベント、アニメではどうなるんだろうね…

ちなみにゲーム内でのラスティは、あの可愛らしい外見と声でありながら、アルサルをも凌ぐパワーとタフネスを持つ、生粋の壁キャラだったりする。
命中率すんごい低いし魔法に超弱いけどね!

グラヴィタスの設定は出さないのかと思ったら、やっぱり出すようだ。この辺意図がよくわからないけど、序盤に大量の設定を出してうんざりされるのを恐れてのことだろうか。ただでさえ序盤が低調になる作風だから、そうなる要因を少しでも廃したいという意図なら、わからないでもない。
でもってシルヴァヌスの設定は、恐らくアニメオリジナル。ラスティ絡みのイベントを剣闘大会のイベントと統合するうえで、整合性を損なわないように付け足した設定と思われる。もしかしたら中盤以降に、新武器を作ったりするイベントが挿入されたりもするのかもしれない。

オクタヴィアとブブルクス再び。
オクタヴィアは、PS3版ゲーム内においても回避の高いキャラとして設定されていて、敵の攻撃を避けまくっていた。
PC版では正直ぱっとしていなかったのだが、それを省みた結果か、使いやすい良キャラとして生まれ変わっていたのである。
そして最後にリディアさんの登場。PS3版オリジナルであり、オクタヴィアと密接に絡むことになるキャラクターだ。
凛とした美貌に、狂気をたたえた性格。神聖帝国治安維持部隊、通称ルブルムを率いてアロウン達の前に立ち塞がる。
ゲーム内においてもかなりの強敵だった。それがアニメにおいてはどのように描写されるのか、楽しみだ。
関連記事

テーマ : ティアーズ・トゥ・ティアラ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎ティアーズ・トゥ・ティアラ第7話「コロッセオ」

拳闘大会にでようと、モルガンがいいだす。そして、コロッセオへ移動する。スイールさん、妖精だとばれたら、ああされたり、こうされたらりされちゃう~~といっておどおどする。拳闘大会開始!!いかにも強そうなグールっぽい人と、ちびっこのハンマー持った妖精さんが戦...

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第7話「コロッセオ」

ゲール族の面々に鍛錬を行わせるアルサルは、「ゆっくり励め=急がば回れ」と声を掛ける。が、アロウンは興味なさげに去ってしまう。相変わらず真面目が服を着ているアルサルですが、訓練漬けの日々というのも辛いのでしょうが、戦いが迫っているし止むを得ないところか。...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第7話

今回は剣闘大会を見学して鉱山妖精のラスティに出会うお話でした。 メインビジュアル見た時に一番可愛い感じで期待してましたが、この子も妖精族というのは嬉しい誤算(笑)。 CVも植田さんと好みな感じなら動いても普通に可愛くて何とボクっ娘で、期待以上な感じなの...

ティアーズ・トゥ・ティアラ #07「コロッセオ」

アロウンの剣がピンチですw まさか最大の脅威が味方の中にいたとはw ではティアーズトゥティアラ感想です。 ティアーズ・トゥ・ティアラ...

(アニメ感想) ティアーズ・トゥ・ティアラ 第7話 「コロッセオ」

ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [Blu-ray]クチコミを見る 帝国との戦いを前に鍛錬に励むアルサルたち。そんな折、アルビオン島の交易都市ロンディニウムにおいて、帝国軍兵士たちも出場する剣闘大会が開催されるという情報を得る。敵情偵察も兼ね大会を見学すること

ティアーズ・トゥ・ティアラ ? 「コロッセオ」

 危うく嫁4号かと  今回新たに仲間になったラスティ。  彼女も妖精ということで前回コメントで指摘された反省から、由来の妖精を考え...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第7話『コロッセオ』

アルサルたちは戦う気はあるんでしょうか(^^; 鍛錬の合間に、帝国兵も参加する剣闘大会を見学に行くことに。 大会のメインイベントは、...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第7話「コロッセオ」

スィールちゃん、今日も牛乳まみれw 前回新しく嫁に加わったアザラシ妖精・スィールちゃん。 ドジッ子でかわいいけど、全然活躍する気が...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第7話「コロッセオ」

ロンディニウムで開かれる剣闘大会を見にいくことになったアロウンたち。 大都会の大勢の人間にビビるスィール(^_^;) スィール:人間に捕まっちゃうと…あんなことや…こんなこと リアンノン:あんなこと…こんなこと? リアンノンの脳内をのぞいてみたいwww...

『ティアーズ・トゥ・ティアラ』#7「コロッセオ」

「しまった!もう一人馬鹿がいたか…」 帝国との戦いに向けて鍛錬に励むアルサルたちだったが、 息抜きも必要だろうとロンディニウムで開...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。