スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない2を読んだ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)

著者は伏見つかさ
イラストはかんざきひろ
1巻と3巻だけ感想を書いて、2巻を忘れていたので今書く

1巻でオビにコメントを寄せていたのは先日アニメの二期放送が決定したらしい乃木坂春香さんだったが、今回はダ・カーポの朝倉音夢さんでした
そんな第2巻

さて突然ですが

 ・男子高校生
 ・妹のPCでインターネット
 ・ブラウザの履歴

酸いも甘いも噛み分けたであろうラノベ読みの諸兄方なら、上記三つのワードからどのような結果が導き出されたのか容易に推察できると思う
実妹が声を荒げ、顔を赤らめつつそのことを追求してくるシーンは、拳で天を突いて雄叫びをあげたくなるくらいに素晴らしかった
そのあたりの描写がね、もうホントにうまいんですよ
あざといっていう意味での『うまい』ではあるけど、優れてることには変わりなし
萌えに特化できるってのはラノベの強みのひとつなのだから、積極的に狙っていくくらいでちょうどいいと思う

ストーリーは萌え偏重ってわけでもなくて、後半は割と重めな感じだったりする
オタク文化と、マスコミと、世間一般の認識
事件が起こり、その犯人がオタクだった場合、どのようなことになるか
ネットでもたびたび話題になる類いの話である
うがった見方をすれば、オタクの多くがこの問題に対して持つ意見を、それっぽくまとめただけと取れなくもない
だが上記の問題に対する主人公の独白には、著者の本音が透けて見えたように私には感じられた
妹というフィルターを通しちゃいるが、その意見はまともで真摯なものだと思う
惜しむらくは、それを読むのが当のオタクたちだけだということだ

今回は主人公とその幼馴染との間で一悶着あったりもするけれど、全体を通して見れば1巻と同様に、ツンツン妹とツンツン兄が罵倒しあいつつ稀にデレるという物語である
要約すると、シスコン兄とブラコン妹が表面上だけ嫌い合ってるように見せかけてるという、それだけの話だ
それだけのはずなのに、なんでこんなに萌えるかな
ちなみに主人公は幼馴染とフラグが立ち、既にルートにも入ってるので、妹と結ばれるとかそういうエロゲ的展開は、絶対とは言えないが恐らくはない
でも、それがいいんだよね
むしろ妹萌えってのはそうあるべきだと改めて思った
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。