スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合姫S Vol.9を読んだ

コミック百合姫S (エス) 2009年 08月号 [雑誌]

いつものように、めぼしい作品の感想を箇条書きにしていこうと思う。


此花亭奇譚 - 天乃咲哉
以前の号に載ってた数ページの短編が連載化。
人と獣人が共存してる和風な世界を舞台に、とある旅館で働く仲居さんたちの物語が繰り広げられる…といったあらすじ。出てくる子の殆どが狐耳と尻尾を生やし、着物を着ている。
純真無垢な主人公がかわいい。
お姉さま役の子はテンプレ通りに超クール。
しかし何より目を惹いたのは、犬のお爺さんのいい人っぷり。ほんわかしました。


紅蓮紀 - 武若丸
百合姫本誌からの出張掲載。
エロい。
以上。


死神アリス - いずみやおとは
こちらも以前掲載されてた短編を連載化したもの。
ただ、印象はかんばしいものではなかった。
というのも、読みきり版と比べてつまらなくなっているという感想を抱いたからである。
連載化にあたってやむを得なかった設定の変更などもあったのだろうし、仕方のないことなのかもしれないが、それでももう少しなんとかできたんじゃないだろうか。
少し残念。


博士のこねこと雨の朝 - かずまこを
純水アドレッセンスの作者氏による読みきり短編。
しかし短い。評価しづらい。
もっと読みたい…


ゆるゆり - なもり
個人的に大好きな百合風味ギャグマンガ。
だったのだが、百合が風味じゃなくてわりとガチになってきた。
それはいいんだけど、百合色が濃くなるとギャグのキレが落ちてしまいそうでちょっと心配。今回既にそういう兆候があったもので…
あと主人公のあまりの不遇さに涙。


flower*flower - 石見翔子
今夏アニメ化が決定している「かなめも」の作者氏による、アラビアンなお姫様と西洋のお姫様がキャッキャウフフする物語である。実際にはもう少し複雑ですが。
そして今回その複雑さが更に増してきたイメージ。恐ろしい可能性をさらっと示唆された気がするんですが、どうなんだろう。私の勘違いかもしれないんだけど、でもふたりをドラマティックに結びつけるならば、それくらいしなきゃいけないようにも思える。
ううむ…


生徒会の花ドロップ - 丸美甘
百合の4コマギャグマンガ。
ゆるゆりと被ってるかと思ったけど、4コマな分こちらの方がより切れ味鋭い感じ。
というかかなり面白い。賞取った作品と聞いてなるほどと思った。
個人的には連載してほしいくらいの勢いだ。


LOVE CUBIC - 谷村まりか
お漏らしに端を発する異色の百合マンガも、今回で最終回。最後の最後まで尿ネタで通そうとするあたりに作者氏の男気を感じた。
もう少し長く続けてもよかった気がするけど、あまり長くやり過ぎてもネタ色が強くなりすぎてダメなのかもしれない。
まあそもそも尿ネタにこだわらなければいいって話ではあるんでしょうけど、そうすると今度はこの作品の異質さが失われてしまうという。
深い、深いぜ尿の道。


ふたりとふたり - 吉富昭仁
最近はギャグ色の濃い話ばかりを描いていたイメージだったけど、今回は珍しくシリアスな雰囲気の作品。
ルームメイト、先輩と後輩、友達同士。4人の少女たちの揺れ動く心を、複雑な関係性を絡めて描いている。
これも連載作品であり、いい出来だったので続きが楽しみ。
余談だが、百合姫Sにしては珍しくセックスシーンを描写している作品でもある。乳首は出てないけど。
どうやらよほどガチでなければOKということのようだ。


オレンジイエロー - 乙ひより
新連載。とある高校の文芸部を舞台にしたお話。
今回は新入部員の子と、その幼馴染みとにスポットが当てられているけど、恐らくは他の部員達のエピソードも描かれていくのだろう。
一回目からわりといい雰囲気。個人的に好きな作家さんでもあるので期待している。


HONEY CRUSH - 椿あす
幽霊の子と霊感強い子と座敷童が織りなす不思議な物語。
新キャラの登場でちょっと佳境に入ってきた感じ。ここから物語が大きく動いていく予感がする。
なんだか作者氏が腕を上げているような。
これまでは正直かわいい絵柄のマンガって程度の認識でしかなかったのだが、今回は普通に萌えた。
作者氏が、百合作品、というか恋愛を主題としたマンガが持つ独特の間を掴んできてる気がする。


恋海月-ちくっと- すこやか
Vol.8で告白の返事を聞いた直後にパンツを下ろすという凄まじい主人公(もちろん♀)を描いてみせた作者氏の新作。
だが前回に比べると、かなりおとなしめな印象。いや今回も十分ぶっ飛んでるんですが、もう少しパンチが効いててもよかったかな、と。
面白いことは面白い。今後に期待できる作家さんだと思う。


こんなところで。
最終回を迎える作品が幾つかあるかたわらで、新連載も幾つかという号だった。ライバル誌とか出てきてるし、誌面を再編して更なるクオリティアップを図ろうという狙いがあるのかもしれないし、そんなことは特にないのかもしれない。
新連載のなかでは乙ひより氏のオレンジイエローと、天乃咲哉氏の此花亭奇譚へ特に期待を寄せている。
といったあたりで待て次号。9月18日に発売予定だそうである。
関連記事

テーマ : 百合
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。