スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズトゥティアラの第17話を見た

サブタイトルは「友のために」。

アロウンはもともと、前回オガムが言ってた「我々の敵」に連なる者だった。
それがいろいろあって離反して、千年前の大戦にいたるわけだ。
そのことはもうはるか昔にケリがついてて、劇中の時代で誰がどう思おうとも覆りはしない。
歴史はあくまで歴史でしかなく、父祖の辿ってきた道筋を知る以上の意味はないからだ。
しかし、かつて当事者であったアロウンにとって、歴史はそのまま記憶でもある。
決して忘れることを許されない、痛みをともなう記憶だ。
だから彼は今でも思い悩む。自らの選択が本当に正しかったのかと。
もっと良い道が他にあったのではないかと。
劇中では常に完成された人格として扱われるアロウンだが、内心では葛藤を抱えてもいる。
それが今回、初めて描写された。そのことの意味。
これはアルサルがアロウンにとって、肩を並べ、背中を合わせて戦う友に、本当の意味でなったことを示しているのだと思う。
信じきれない相手に弱みなど見せられない。
信じられるから、友と頼っているからこそすべてを預けて一緒にいられる。
アルサルの乱心は黒幕によってかけられた呪いのようなものがその原因だが、アロウンはアルサルがそれに打ち勝つと確信していた。
必ず乗り越え、再びアヴァロンへ、リアンノンたちのもとへ戻り、ガイウスと戦いそして勝つと、そう信じていたからこそのあの言葉、「友よ」だったわけだ。
だからアロウンは、あの時点で自分が死んでも構わないと思っていただろう。
それは感傷などではなく、あの時点で自分が死んでも、アルサルは同じように動いただろうと見通していたからだ。
その意思は、彼がアルサルを一人前として認めたことの証でもある。

つまりは
「熱い! 燃ゆる! おもしれえ!」。
長々書いたけど、要約するとこうです。
Untilが挿入歌として使われるとは思ってなかった。
いい意味で裏切られた気分だ。
関連記事

テーマ : ティアーズ・トゥ・ティアラ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎ティアーズ・トゥ・ティアラ第17話「友のために」

モルガンとオクタビアがかけつけるが、アロウンはまだ目を覚まさない。アルサルは、アバロン城へ向かう。アロウンは、精神世界で父と会う。黄金の時代は、栄えて滅び。白銀の時代も、栄えて滅び。青銅の時代、妖精族といっしょに戦ってた。アルサルと、リアンノンのご先祖...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第17話「友のために」

アロウン様が起きません(´;ω;`) アルサルが起こしに来るのを待ってるんですねw アロウンは綺麗なアルサルの夢を見ていました。 こ...

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第17話「友のために」

ガイウス率いる神聖帝國アルビオン方面遠征軍による攻撃に晒されるアヴァロン城だが、

ティアーズ・トゥ・ティアラ -Tears to Tiara- 第17話「友のために」

ガイウス率いる神聖帝國アルビオン方面遠征軍による攻撃に晒されるアヴァロン城だが、必死の抵抗を続けて未だ城内への侵入を許していなかった。彼らの抵抗ぶりに、ガイウスたちは彼らが援軍を待っているのかもしれないという。城内では、帰還したオクタヴィアとモルガンが...

ティアーズ・トゥ・ティアラ 第17話

今回はアルサルがブリガンテス族に協力を願いに行くお話でした。 アヴァロン城はなんとか持ちこたえているようですが、流石に圧倒的な戦力差と兵器の導入にはジリ貧という感じ。 1人で帰っても何もできないならと援軍を求めに行くアルサルはしっかり考えてますね~。 ...

(アニメ感想) ティアーズ・トゥ・ティアラ 第17話 「友のために」

ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [Blu-ray]クチコミを見る 未だに目を覚まさぬアロウンと戻らぬアルサル。2人を欠きながらも、度重なる帝国軍の攻撃に何とか耐え抜いてきたゲール族、そしてアヴァロン城だったが、それも限界に近づいていた。そしてゲール族のわずかな希...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。