スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブプラスの話 その3

私の彼女は、名を高嶺愛花(たかね・まなか)という。
文武両道を絵に描いたようなお嬢様であり、言葉尻に「~、なんて」とつけるのが口癖の女の子だ。

最初は髪型をポニーテールにしていたのだが、どんな髪型が好きかと聞かれたときに長い方が好きだと答えたら変えてくれた。今は左耳だけを出した、ちょっと特徴的なストレートロングになっている。
それが比較的私の好みだったので、しばらくはそのままでいてもらうつもりだ。

髪型のほかにも、服装についても質問されて答えることで、ある程度自分の好みを反映させることができるようだ。
可愛い感じの服がいいとか、さっぱりしたのがいいとか、清楚なのがいいとか、そんな風にである。

つまるところ、彼女を自分の好みに染めていけるわけなのだ。
キスイベント発生時にも、口でだけだが嫌がることがあり、それを無視するようにキスへとなだれ込む形になってしまう場合がある。そんな場面を何度も見ていると、彼女を調教しているような気分になってきてしまう。

キスと言えば、デートに行くと、いたるところでキスをねだられるようになってきた。駅前だろうと水族館のなかだろうとお構いなしである。
その都度萌え転がる羽目になるので、デートイベントが終わるたびに一仕事終えたような達成感がある。ギャルゲーのはずなのに、妙に体力を使う気がする…

そういえば、キスのときに胸元(おっぱいではない)をさわれることを発見した。嫌がられるかと思ってそれまではさわってなかったのだ。
そのときのセリフが見物だった。
「嬉しいけど……嬉しいんだけどね?」なんてことを、困ったような照れ笑いで言われるのである。
もうどうしてくれようって感じである。

そんな感じに可愛らしくありながらも艶のある名演を聞かせてくれるのは、早見沙織さんという方だ。
年齢なんと17歳。現役高校生だそうである。
その歳を考えれば、この演技は素晴らしいと言うほかない。
ラブプラスというゲームを買ううえで、皆口裕子や丹下桜の名前に惹かれる人は数多いと思う。共に特徴的な声を持ち、技量もある声優だ。

だが、早見沙織はそのふたりに負けていない。肩を並べて立つに相応しい演技をしてくれている。
少し鼻にかかる感じの声質で、若干高めな能登の声を想像してもらえばそれが近いかもしれない。
そんな声でもって、聞いていたら耳が溶けるんじゃないかというくらいに甘いセリフを、完璧なイントネーションでささやいてくれるのだ。
ささやきまくってくれるのだ!
もうね、完敗ですよ。抗えません。
熱のこもった演技でありつつも、計算し尽くされたかのような周到さをも感じさせる、甘くとろけるような言葉の数々。
抵抗なんて、できるわけがない。
これを名演と言わずしてなんと言おう。

早見沙織。寡聞にして知らなかった名前だけど、17歳という年齢でこれほどに熟達した声優さんがいらっしゃるという事実に驚嘆した。近い将来、有名になるんじゃないだろうか。
関連記事

テーマ : ラブプラス
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

早見沙織
ここ最近のアニメでメインキャラをやっているみたいね

主役級のキャラもわりと演じてらっしゃるようなんですが、残念ながらどれも見たことがないんですよね
これからは注目してみようと思っています
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。