スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブプラスの話 その5

愛花の性格がなかなか変わらない。

性格というのは、キャラごとに三種類設定された特性のことを言う。
このゲームには三人のキャラクターしかいないのだが、そのそれぞれが三種類の性格を持っており、条件によって変化する。
その条件が、愛花の場合は特に厳しいようなのだ。
バグかもしれないという噂もあるが、発売されてからまだ一週間しか経っていないということもあり、単に条件が厳しいだけである可能性も大きい。
のんびり付き合いつつ、しばらく様子を見ようと思っている。バグなら遠からずコナミから発表があるだろうし、そうでなくても性格変化に成功した人物による情報公開がなされるだろう。

さてそんなわけで二番目のセーブデータを作ることにした。
このゲームではセーブデータを三つまで作成することが可能となっている。
三キャラ全員をソフト一つで攻略可能というわけだ。

次は凛子か寧々さんということになるのだが、どちらを選ぶかが難しい。

凛子は主人公より一つ年下の、言うなれば妹系のキャラクターだ。
対して寧々さんは、敬称付きであることからも察していただけたかもしれないが、主人公より一つ年上のお姉さんキャラである。
私はどちらかと言えば妹キャラより姉キャラの方が好きなので、ここは寧々さんを選んでおくべき局面だろう。
だが平行して二人のイベントを見ていて、凛子も魅力的に思えてきてしまったのだ。

寧々さんはたしかにいいキャラだ。お姉さんとはかくあるべきという共通認識に沿って作られたかのような、模範的なキャラクターと言える。
しかし凛子のツンデレは、それに迫る破壊力を持っている。
幾度めかのデートイベントで会心のデレを見せてくれたときの様子は、声優氏の熱演もあいまって転げ回りたくなるほど可愛かった。
丹下桜恐るべし。ブランクを微塵も感じさせない名演ぶりだったぜ。

そんな風なので寧々さんを選ぶか凛子を選ぶかで迷いまくっているのだ。
どうせ三人とも攻略するのだから、誰を選ぼうが最終的には一緒ではある。
しかし過程も軽視していいものではない。あとになってああしておけばよかったと思うのでは遅いのだ。ここはよく考えて決めるべきだろう。

などと思いつつステータスを上げていき、もうすぐ70日が経とうとしているが、答えはいまだ出ていない。
誰からも告白されないまま100日を過ぎると卒業イベントが発生してゲームオーバーになってしまうらしいので、これ以上日数を進めるのは避けたいところ。
しかしどちらも選びがたい。共に魅力的なキャラクターだ。
だが必ず選ばなければならぬ。
おお神よあなたはなんと過酷な試練をお与えになるのか。


ラブプラス
関連記事

テーマ : ラブプラス
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。