スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぼみVol.4を読んだ

つぼみ VOL.4 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

表紙絵は鳴子ハナハル氏。
例によって感想を箇条書きに。
十五作もあるけど全部書くよ!


 ◇


・つぼみがはじまるよ - 蒼樹うめ
マンガというかイラスト。
こうなるような気はしていたので驚きや失望は特にない。
カラーより、モノクロイラストの方が可愛く見えた。


・星川銀座四丁目 - 玄鉄絢
先生も乙女も意識しまくりでかわいすぎる。
どちらかといえば、先生からの思いの方が強いのかと思ってたけど、そうでもないことがわかって嬉しい。
土壇場でああいうことを叫んでしまう先生には、どういう告白だよとツッコミ入れざるを得ない。でもその男らしさに惚れる。
玄鉄先生まじ最高。


・しまいずむ - 吉富昭仁
そうだよね日本のドアって大抵引いて開けるよね。
だからドラマやアニメみたいに、鍵かかってるからって体当たりじゃ開けられないんだよね…


・無限遠点 - 関谷あさみ
祝連載化。
作者氏は百合をもっと描くべきだと思う。
台詞やモノローグで語らずに、表情や仕草で内面を描き出す手法が、秘めるものという古来よりの百合のイメージとうまく噛み合ってて、すごくいい雰囲気が出せている。
視点がほかの子に移ったりしてるのは個人的にマイナスポイントなのに、それを差し引いても大好きだと言える作品。とても良い。


・わたしのアヒルの子 - 水谷フーカ
独善的な主人公かと思いきや、意外とヒロインにべったりなのが私によし。
この人の作品は本当にハズレがない。安定して面白い。


・エビスさんとホテイさん - きづきあきら+サトウナンキ
いよいよ山場。
微塵も失速せずにアクセル全開で佳境に入ってきた。
一見すると自己中心的で嫌な人である姉が、ストーリーを動かすトリックスター的なギミックとして効果的に機能している。彼女の登場も含めて無駄なところが、また逆に足りないところもこの作品には何一つない。
連載作で毎回面白いというのも珍しいよなあ。


・ふへんの日々 - 秋★枝
前回の感想であまり好きじゃないと書いた覚えがあるけど、それは訂正しようと思う。
設定を後出し的に追加してるところが気になるといえば気になるけど、今回のオチを前提にして前回の話も描いていたのなら、案外悪くない。
終盤の物理的な距離の詰め方には、積年の想いがうまくにじみ出ていてよかったと思う。


・思い出箱 - 久遠あき
タイプの違う女の子同士の話。
主人公が距離を置いた理由が、彼女の変化を如実に表していて印象的だった。


・恋人。 - 大朋めがね
めかしこんだ理由がお互いにあると、平然と言わせるあたりが氏の作品らしい。
普通なら読者への嫌がらせにもなりかねないのに、そうはならないのは作風ゆえか。
ほかの人には出しがたい雰囲気だと思う。


・恋のさんかく - 小川ひだり
この作者氏には、ポジティブで勢いのある話の方がやはり合っている気がする。
なんの決着もついてないにもかかわらず、それはそれで面白いと思えるあたりがその根拠。


・ガールズトーク - コダマナオコ
ちょっと短すぎた気がする。まさにここからってところで終わってしまうので、拍子抜けしてしまった。
題材は好きなので、続きを読んでみたい。


・ミチ、他 - 吉田美紀子
真剣に修行しようとするヒロインが素敵。
あがきたくてもどうすればいいかわからなかったら、そりゃ暴走するよなあ。


・ガールズライド - 磯本つよし
バイクと女の子が描きたくて描いたマンガという気がする。
でも悪くない。


・私の嫌いなあなた - かずといずみ
伝線したストッキングをバスの停留所で履き替えるヒロインはどうなんだ。
私は大好きだ。


・秘密のレシピ - 森永みるく
部長の憂鬱は続くの巻。
前回の告白まがいな出来事が、まるで大したことじゃなかったみたいに扱われてて吹いた。
ほぼ一方的な片思いなのに悲壮さがかけらもないけど、この作品の場合はそれが長所になってると思う。
でも、そろそろストーリーに動きがほしいかも。


 ◇


こんなところで。
質においてはもう百合姫を超えてる気がする。
アンソロジーであるため、バックナンバーをいつでも手に入れられるというところも強みと言えるだろう。
ただ、税込一冊980円という価格は、新たに読者を増やすには不向きかもしれない。
私のような既存の百合好きであれば値段のことなど気にせず買うが、そうでない人に対して物を言うのはネームバリューと価格だ。
百合姫も一冊税込880円と決して安いわけではないのだが、それでもつぼみに比べると安価で、かつ認知度では恐らく勝っている。総合的にどちらが優れているかという判断は、まだ下せそうにない。
でも、質においてつぼみが勝る状況が今後も続くなら、両誌の差が目に見える形になって現れてくるのも、そう遠い日のことではないかもしれない。
関連記事

テーマ : 百合
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。