スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってきたよ、ドルイドさん!3を読んだ

やってきたよ、ドルイドさん!3 (MF文庫J)


著者は志瑞祐。
イラストは絶叫。

ドルイドが主役というのはやはり無理があったのだろうか。
読んでいると、どうも出オチとかそういう類の言葉が脳裏をよぎっていく。
つまらないというほどではないのだが、1巻ほどの面白さがこの3巻にはない。
巻が進むごとにストーリー性が薄くなる一方なので、そのせいで面白味が減っていっているのかもしれない。
4巻がもし出るのならば、短編集にするのではなく、一本の長いエピソードをやるべきなんじゃないかと思った。

とはいえ、終盤唐突に燃え展開へ入るあたりではちょっと熱くなってしまった私です。
法香さん凛々しいよ法香さん。
このへん単純にできているのが私の美点であり悪所でもある。
でも仕方ないよね燃えるものは燃えるんだから。
そんな感じの第3巻でした。
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。