スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュガーダークを読んだ

シュガーダーク 埋められた闇と少女 (角川スニーカー文庫)


著者は新井円侍。
イラストはmedae。
サブタイトルは「埋められた闇と少女」。
「涼宮ハルヒの憂鬱」以来六年ぶりとなる、スニーカー大賞“大賞”受賞作。

文章には特に不可もなく。情緒的でありながらも読みやすい、良い文章だと思った。
基本的に筆力の高い作家さんなのだろう。

ストーリーに関しては、こんなものかという印象。
ハルヒ一巻は、諸説あるとは思うけど、個人的には完成度の高い作品という位置付けだ。それに並ぶ肩書きを持つという本作。期待がなかったと言えば嘘になる。
その期待に応えてくれるほどの作品であるとは、私には思えなかった。中盤を過ぎる頃までは。

そこから印象が一変する。
加速度的に増していく疾走感。
それに伴う高揚感。
終盤に至ってはまさに全力全速。
そのままのスピードでゴールテープを切る。

中核を成していたのは、主人公とヒロイン、ふたりの出会いと、彼らが絆を深め合っていく過程だ。
それこそが読者の心臓をがしっと掴んで離さない、この作品の要と言える部分である。
生きることに不器用な少年と、彼以上にぎこちない少女。
そんなふたりが、普通じゃない出会い方をして、普通じゃない邂逅を重ねて、普通じゃない言葉を交わし、そして普通の恋をする。
有り体に言えば、それだけの話だ。
それだけの話が、心躍るほどに面白い。
大賞受賞するに足る、珠玉のボーイミーツガールだと思う。

続巻が予定されているそうだけど、この幕引きからどう続けるのか予想できない。
続けることはできるのだろうけど、この巻とはまるで違った話になりそうに思える。
蛇足となってしまわないことを祈るばかりだ。
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。